見出し画像

私はまだまだ甘ちゃんだ vol.10

昨晩、こんなことを思った。

「家がなくても、人は生きていける。」

「けれど、家はあってほしい。」


昨晩、夜空の下で一緒に東南アジアを旅したRomと電話した。

私は山梨、彼は北海道にいる。電話越しに雨の音を聞きながら、彼とこんな言葉を交えた。


「家もういらないよな」

「いや、家いるだろ。家があるから安心できるじゃん」

「あ、そうか。」


家がいらないなんて言った自分は傲慢だったと、即効で恥じた。

私はいまテントで生活しているけれど、それは実家に帰ることのできる事実に支えられているに過ぎない。

どこか帰る場所があることが、心の拠り所になっているのだ。


もし、帰る場所がないのなら、私は今の精神状態を保っていられるか自信がない。その事実を受け入れ、家なしで暮らしていくのか、どこかに賃貸を借りるのか。

いずれにしても、私は家がなくとも、心の中には家を持っているのだ。


私はまだまだ甘ちゃんだった。

甘ちゃんといえば、昨日見た映画からも感じたことがある。


アマゾンプライムで「生きてこそ」という映画を見た。

1972年に起きた、アンデス山脈での飛行機事故がもとになった、ノンフィクション映画だ。

生き残った16人は、極寒の地の中、飛行機の残骸、座椅子のカバーを毛布代わりにして、身を守った。そして生きていくために、この世を去った仲間の死肉を食べたのだった。


彼らは生きるか、死ぬか、の中で生きていた。

今の私はどうだろう。コンビニに行けば、食べ物は手に入る。甘いものが食べたければ、スイーツだってなんだって買える。午後にホットコーヒーだって飲むことができる。

なんだか今の自分の生活を「サバイバル」なんていうことが、恥ずかしくなる。

私はまだまだ甘ちゃんだった。


自分から死に瀕する状況をのぞもうとは思わないけれど、自分の限界を知ってみたいと思う。生きるか死ぬか、そんな状況に陥った極致の自分を見てみたい。

なんて言うのも、また傲慢なのかもしれないが。。。


私が旅をしつづけるのは、そんな好奇心が根底にあるかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4

とむのサバイバル日記

スーパーカブ50ccに、 テントと寝袋と調理器具を載せて、 山梨の山奥で生活しています。 ブログ→http://tomoyauchida.com/ YouTube→https://www.youtube.com/channel/UCABqE6jsw70QVDbfG39o72A
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。