見出し画像

茹でガエル vol.9

私の今の生活の楽しみの1つに、本を読むことがある。テントの中、ランタンを灯し、眠くなるまで文字を追う。この時間が、1日の最後に待つ至福の時だ。

しかし今日は、本を開く代わりに、パソコンを開いている。こうしてnoteに、高ぶる感情を書き留めるためだ。「感情の保存」こそが日記の醍醐味だ。


といっても、私はどんな感情を書き留めたいのか、明確な言葉が出てこない。ただ、これが肯定的な感情であることは確かだ。

台風が過ぎ去って、空には満月が浮かぶ。夜空はその分明るいが、星はしっかりと目でとらえることができる。


私はビックルを飲んだ。

「うまい.....」

普段は、水かお茶しか飲まない。乳酸菌だかなんだか知らないけれど、その甘さに感情が掻き立てられるのが分かる。


途端に、

「私はいま幸せだ」

と思った。


家も、友達も、大切な人も、そばにいないけれど、自分を大切にできてる。生きることがすごく面白い。

なぜかそんなことを、ビックルが気づかせてくれた。


この日記を読んでくれている人には、筋のないこんな文章に首をかしげるかもしれない。

けれど本来、人の感情なんて、きっとぐちゃぐちゃなんだ。


それを書き出すことを、紙だけは許してくれる。紙は嘘をつかない。だから、私も嘘をつかずにいられる。


今日は、渓流のそばでイカを焼いた。もちろん自分で捕まえたものではなく、スーパーで半額シールの貼られたもの。

気づいたら、真っ暗になってた。灯りのない場所だったから、見渡す限り、真っ暗。


「怖い」と思う前に、「美しい」と思った。

人が誰一人いない場所。絶対にこない場所。灯りがない場所。川のせせらぎが聞こえる場所。虫のさえずる場所。


不思議だ。私たちは「ゆでガエル」と同じじゃないか。

真っ暗の森の中には、怖くて誰も入ろうと思わないけれど、明るいうちに入ってしまえば、暗くなっても怖くない。むしろ、そこに美しさを見出せる。


そんなことを思った矢先、原付のリアボックスに小さなカエルがよじのぼってきた。それはまるで、

「俺は生きてるぞ」

「茹で上がってないぞ」

とわざわざ伝えに来てくれたような、不思議なタイミングだった。


そう、私たちは生きているのだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

とむのサバイバル日記

スーパーカブ50ccに、 テントと寝袋と調理器具を載せて、 山梨の山奥で生活しています。 ブログ→http://tomoyauchida.com/ YouTube→https://www.youtube.com/channel/UCABqE6jsw70QVDbfG39o72A
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。