テント生活のはじまり vol.1

おはよう!とむです。

私はいま、家を持たずに、テントで生活しています。世間からは、ホームレスだと思われるかもしれません。

といっても、布切れ1枚は、十分立派な「家」の機能を果たしてくれているので、私はこの生活が不便だと感じたことはありません。

あまりにも多くの人が、こんな生活の様子に興味を持たれるので、こうして日記を書くことにしました。

さて、初日の今日は、テント生活を始めるにいたった経緯を話したいと思います。

私がテントで生活するようになったのは、2カ月前のことです。東南アジアの旅を終えて帰国した私は、『快適な生活』に危機感をおぼえるようになっていました。

ふんわりとしたソファに沈みながら、ハーブティーとともに、美味しいお菓子を食べる。そのまま心地よい音楽に包まれて横になり、うたた寝をする。

たらふく美味しいご飯を食っては、Youtubeを見たり、スマホでゲームをして夜更かしをする。翌朝10時くらいに起き、なんとなく1日を始める。

無自覚にそんな生活をおくるなかで、旅で養った鋭気が失われていくのを感じていました。

「このままでは私は腐ってしまう。」

そんな恐れを抱いた私は、自分の感性を常に研ぎ澄ますために、外で生活することにしたのです。

テントで生活する意図は3つありました。

1つは、快楽から身を遠ざけたかったこと

2つは、不便の中から豊かさを見出したかったこと

3つは、血なまぐさい野生の力をたぎらせたかったこと

私は、ジモティというサービスを使って、50ccのスーパーカブを購入しました。3万キロ程度走った中古品で、価格は7万円程度。これが家賃の代わりと思えば、安いものでした。

届いたカブの荷台に、3000円のホムセン箱を取り付け、そこにテントと寝袋を積めば、準備完了です。

これが私のテント生活の始まりでした。

まだまだ書きたいことがたくさんあるのですが、日記を書くのは1時間だけと決めてるのです。

初めての投稿で、言葉を選んでいるうちに、どんどん時間が経ってしまいました。明日はもう少し工夫してみます。

それじゃ、またね!

とむ

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

とむのサバイバル日記

スーパーカブ50ccに、 テントと寝袋と調理器具を載せて、 山梨の山奥で生活しています。 ブログ→http://tomoyauchida.com/ YouTube→https://www.youtube.com/channel/UCABqE6jsw70QVDbfG39o72A
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。