moyo

映画館と本屋が好きなデザイナー。Monoxer Inc.所属。UI / UX / グラフィック中心にやってます。SFC→Goodpatch→現職

私は彼女になりたかった

憧れ。
それはなんとも甘美で、苦しく。
いつだって私の真ん中に佇んでいた。

7年前、その人は偶然私の前に現れた。
とても軽やかで、ゆっくりと言葉を紡ぐ人。
裸足で草の上をどこまでも歩き、寝転がって空を仰ぐ姿を見て
18歳だった私は初めて憧れを抱いた。
ただただ直感的に「この人になりたい」と思ったのだ。

この人のように、裸足で歩き
この人のように、ゆっくりと笑い
この人のように、芯のある優しい言

もっとみる

聴くことと話すこと

2019年6月13日、母校であるSFC大学の授業「オーラルヒストリーワークショップ」と「清水唯一朗研究会」で『聴く』について話をさせていただいた。恐縮ですね。これはその備忘録です。

さて、早速始めます。

恩師からのご依頼、でも60分も話せる...?

今回お話しさせていただいたオーラルヒストリーワークショップと清水唯一朗研究会はどちらも恩師である清水先生がひらいているものです。どちらも「聴く」

もっとみる

そのプロトタイプは価値検証のため?ユーザビリティ検証のため?

こんにちは、moyoです。東京のとあるベンチャーでデザイナーをしています。

今回は実装前のUIプロトタイプでのユーザーテストについて、具体的な質問例を用いながら書いてみようと思います。前職・現職から得た経験的観測なので、フィードバック大歓迎です!

ユーザビリティって?

ところでよく耳にする「ユーザビリティ」ってどういう意味なんでしょう?こちらのサイトによると、国際規格では以下のように定義され

もっとみる

でもそれは、どこまで行っても自分のための行為なのだ。

泣くほど辛いことなんて、人生で何度もない。
そう言って慰めるのは簡単だけど。
そんな言葉で癒される浅い傷ならば、彼女は最初から泣いてなどいないのだ。

相手が喜んでいる時、悲しんでいる時、寂しそうな時。
いつだって言葉に詰まる。
どんな言葉をかければいいのか、どう振る舞えばいいのか、
相手の感情に重量感があればあるほど、答えを見失ってしまう。
そうして黙り込んで、ただ目の前に漂う空気を飲み込む。

もっとみる

ユーザーインタビューの4つの目的とユーザーを知る5つの方法

こんにちは、moyoです!東京のとあるベンチャーでデザイナーをしています。

前職・現職とユーザーに話を伺う機会が多く、今日は思考の整理がてらユーザーインタビューについて書き残します。この本 or 論文に似たこと書いてあったよ!情報大歓迎です。

ユーザーインタビューの4つの目的

何かしらのアプリやサービスを作る際、ユーザーインタビューやユーザーテストをされる方は多いかと思います。しかしユーザー

もっとみる

Goodpatchから記憶をデザインする会社に重心を移しました

そんなわけで、新卒入社したGoodpatchを年末で退職しました。
2017年4月からUIデザイナーとして働かせていただいたので、約1年9か月ですね。そして最近Monoxerにジョインしました。職種は変わらずデザイナーです。

ありがとう、Goodpatch!

冗談抜きで、社会人として最初に働けたのがGoodpatchで本当に良かったなと思います。「新卒1年目をGoodpatchで過ごした話」に

もっとみる