見出し画像

テレビに子守してもらった2日間に感じたこと

こんにちは!知世です。

今日は2歳の息子と過ごす私が、熱を出して、2日間テレビに子守をしてもらった経験から(笑)感じたことを書きます。


子育てをする中で、「テレビを見せるか見せないか」「見せるならどのくらい見せるか」等、いろいろな考え方をもっているママさんがいます。




私自身は、ずっとテレビをみているとなぜか疲れてしまうので、ドラマ以外はあまりテレビをみない生活をしてきました。

そして、ニュースと時代劇がどうしても怖くて、たとえば1人暮らしのときにはドラマの後のニュースがはじまったときは急いでテレビを消していました。(笑)

だけど小学生のときに、キムタクを知らなくてびっくりされたり、芸能人の話についていけなくて、テレビの話がはじまると話に入っていけなかった記憶があります。

そこからがんばってテレビをみてみたりしました。その結果今まで好きになれたのは、「ドラマ全般」「ココリコミラクルタイプ」「グータンヌーボ」「しゃべくり007」です。今はドラマとグータンヌーボくらいしかみていません。




そういった自分自身のテレビ経験があるのと、息子がテレビをみているときの顔があまり好きじゃなくて(なんか目がキラキラしていない、ボーっとしていて全く動かなくなる)

なんとなく「テレビは息子にとってはあまり良くないものなんじゃないかな」という気持ちが心の底にありました。

ただ、毎日息子と二人で過ごす日々の中で、どうしても手がはなせない瞬間はあるし、全く見せないのもどうなのかなという気持ちもあり、「ほどよく」「1日トータル2時間まで」といった感じで、息子が産まれてから私の中でふわっとテレビとの関係性を築いてきました。




そんな中、熱が出て、自分が遊んであげられない、外に連れていってあげられない状態になり、仕方なく1日中テレビをつけっぱなしにしました。


1日中ごきげんで過ごす息子をみて、拍子抜け。

「あれ?たまにはこういう日もあっていいのかも」と感じました。



「息子が幼稚園に行くまでは、平日は息子に捧げるしかない!」と思って腹を決めてがんばっていたけれど、

しんどいのにイライラしながら公園に連れていくくらいなら(笑)テレビさんに子守してもらって、テレビ見放題でご機嫌な息子とゴロゴロ過ごして、心身ともに自分を休ませてあげる日をつくればいいんだと、なぜか今さらながら気づきました。



それと同時に、今現在の私の「息子との過ごし方」が少し窮屈すぎるんじゃないかな?がんばりすぎなんじゃないかな?という気持ちがあふれてきました。




今までの私は、完全に「息子優先」の生活をしていて、自分の体調や気持ちは関係なく、


「日中は息子との時間」ビシッ!

と勝手に自分で決めて実行している感じでした。ある意味、「旦那さんも仕事をしてくれているんだから、自分もその間は自分のやるべきことをする」という感覚でした。


公園に行ったり、児童館に行ったり、お家でも一緒に遊んで、その中で家事をするという生活です。スマホも天気予報とラインの返信以外はほとんど触りません。


なんとストイック!!!!(笑)


でもそれが結果的に自分で自分の首をしめることになっていたのかも。


誰にも頼まれていないのに、勝手に自分で決めたことを意地でも守ろうとして、それがしんどくて、勝手にイライラして、旦那さんにあたったり、子供にもキツイ言い方になってしまうこともたびたびありました。


でもレイキを学びはじめて、なんだか気持ちがいいからセルフヒーリングを続けていると、少しずつその「絶対に!!」というストイックさがゆるんでいってる気がします。

その変化は、「急に」とか「すぐに」とかいうよりも、気がついたら前よりも自分がやわらかくなっていて、ふとそれが「レイキのおかげかも」と直感で感じるというような地味〜なものだけれど、

じわじわ、じわじわ、脱皮して、幸せな気持ちが増し続けているような気がします。


そして今回熱が出ていろいろ感じたり考えたりしたのをきっかけに、また私の中の固くて固くて息苦しいものが、ふわっと溶けて流れていきました。




よく使われる表現だと思うけど、


0か100じゃなくて、50とか70とか・・・

白か黒じゃなくて、グレイとか・・・




パキッとしたものは、かっこいいし良くみえます。


でもフワッとしたものは、派手さはないものの、

自分も周りの人もラクに楽しく、バランスをとりつつ、調和しつつ、ゆるしつつ、

とても人間らしいなぁなんて思います。



いつもパキッとしたものでいようとすると、それこそパキッと折れやすい。

もっともっとフワッとしていようと思いました。(笑)


テレビをはじめ、

一般的に「良くない」と言われていることを全部排除することなんてできないし、それが自分にとって「良くない」とも限りません。

だから自分の感覚を大事にしたり、「心地よいもの」を基準に選んでいけば間違いはないのかもしれないけれど

いつもいつも心地よいことだけを選択することもむずかしい。


そんなときに、「レイキ」はとても便利だなと感じます。



たとえば自分に対してであれば

今日はテレビを見すぎて頭が重いなと思ったら
レイキヒーリングで頭を癒やしてあげる

ポテチをどうしても食べたい!!と思ったら
ポテチにレイキを当ててから気持ちよく頂く

行きたくない場所に行かなきゃいけないときは、その場所をレイキヒーリングで癒やしてから行ってみる・・・


そんな感じでレイキを使うと「一般的に良くないと思われていること」をどうしてもやりたいと思ったときに、それをがまんせずに済む。(笑)

どうしても心地よくないことに接するときには、できるだけ負担が最小限になるように、自分のためにレイキヒーリングをしてみる。

すると、自分の心の底からわきあがってくる気持ちを大切にしてあげている実感がわいてきます。心の声をちゃんと聞いてもらった自分は、満足して幸せを感じます。


子供に対してでも、

今日はテレビを見せすぎてしまったなと思ったら
レイキヒーリングして強い光の刺激で疲れてしまった頭をゆるめてあげたり

お菓子を食べたくてダダをこねていたら
できるだけお菓子が子供にとって良い食べ物になるようにレイキヒーリングしてから食べさせてあげる


親が勝手に決めた「子供にとって良くないと思われるものを制限する」という行為が、子供の「やりたい」気持ちとぶつかって、うまくいかなくてイライラしてしまうくらいなら、時と場合によってそれくらいフワッとしていてもいいんじゃないかなと思います。



子供は守ってあげなきゃ

子供に良い悪いを伝えなきゃ

と思っていたけれど


子供は、というより、人間は、思っているよりもすごく強くて

自分の体や心に合わないものと出会っても、調和する力がちゃんと働いてくれて、ちゃんと調整していく力が備わっているのだと思います。


その力は、大人の私たちよりも、むしろ子供の方が強いのかもしれないと最近感じるし、

いらないものはいらない、いるものはいると、
ギャーっと叫んででも(笑)自分の気持ちにどこまでも忠実な息子を、少し見習いたいと思います。



自分のやりたいことをがまんして、子供のためにひたすらがんばるお母さんは、素敵に見えるけれど

自分にそれは必要なことなのかな?と問いかけてみました。

答えは「NO」で、「子供のため」と言いつつ、本当は自分が周りの人たちから「良いお母さんだとほめられたい」気持ちが強かったんだと気づきました。

私はただ、見ているだけでおもしろくてかわいい息子のそばで、ゲラゲラ笑いあったり、しゃべったりして、産まれてきてくれてからのほんの数年間をただいっしょに過ごしたいだけだったのに、「良いお母さん」をずいぶん演じすぎて疲れて楽しめなくなっていたなぁ・・・



自分の気持ちを大切にしてあげて幸せを感じて、その幸せがあふれて、それが子供に自然と伝わればいいな。

熱がひいた今は、そんなやわらかくて温かくてゆるやかな気持ちがやってきたのでした。

すべてのママさん、今日もおつかれさまです。

しんどいなぁと思ったら、たまにはテレビに頼ってのんびりしてしまいませんか?

少なくとも私はこれからそうしようと思っていますので、仲間募集中です。(笑)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8

知世

2歳の息子と過ごしながら、レイキヒーリング&チャネリングでご縁のある方々の心と体を癒すお手伝いをしています。子育てのこと、レイキのこと、チャネリングのことなど、日々考えたり感じたりしていることを綴ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。