とんぼぎり

編プロで小・中学校の教材編集(国語など)をしています。仕事をしての驚きや発見をうまく伝えられたらなと思っています。

「一番最初」という表現の、正しさ以外の部分の考察

先日、保育園児の娘が、「一番最初にすべり台に乗って…」と話し出しました。
「一番最初」は意味が重複しているけれど、日常で耳にするから使い始めたのかもしれない。どうしよう、指摘しようか……。
などと迷っているうちに、娘は「で、二番最初はぶらんこ…」と言い始めたので、あわてて正しい言葉の使用方法を伝えました。
言葉の意味を正しく伝えないと、まちがった意味で覚えて定着&応用してしまいますよね。
「一番最

もっとみる

小学校の教材編集者が考える、新元号は「令和」が最良の選択だった理由

タイトル、小学校の教材編集者を自称してしまい、早くも赤面硬直しています。。

来月からの新元号が「令和」に決まりました。
報道では、「令和」「英弘」「久化」「広至」「万和」「万保」という候補の中から選んだそうです。

政府はさまざまなことを勘案して決めたのだと思いますが、
小学校の漢字学習という観点から考えると、実は「令和」は6つの候補の中でベストチョイスだと言えるのです。

その説明のために、久

もっとみる

漢字指導における字体の考え方についてのメモ

2020年度から実施される小学校の学習指導要領について、漢字指導についてしっかりとまとめていなかったかなと思ったので、メモ書きします。

以下、「小学校学習指導要領」に書かれた漢字指導の部分です。

漢字の指導においては,学年別漢字配当表に示す漢字の字体を標準とすること。

また、この部分について「小学校学習指導要領解説 国語」では、以下のように説明しています。

 (エ)は,漢字の標準的な字体の

もっとみる

「語彙」の近頃についてのメモ

「語彙力」について、こんな記事を見ました。

やばい?大人の語彙力が若者にジワジワくる理由(読売新聞(ヨミウリオンライン)) - Yahoo!ニュース

記事では、「語彙力」本ブームの説明や、若者の流行言葉としての「語彙力」について述べています。

若者の流行言葉としての「語彙力」は、語彙の乏しさアピールであったり、自分が持ち合わせている言葉で伝えきれないが、このすごさを伝えたいというときの手段

もっとみる

(2017.5.2追記)次期学習指導要領案の「字体」表記について、パブリックコメントを送りました

2月14日に公開された次期学習指導要領案について、3月15日までパブリックコメントを受け付けています。

私は、何を意見したらいいのだろうかと考えた結果、漢字の「字体」という表記についての意見を提出しました。

どんな意見かというと、案にある「漢字の指導においては,学年別漢字配当表に示す漢字の字体を標準とすること」の「字体」を「字形」などにしてほしい、ということです。

理由は、「常用漢字表の字体

もっとみる