見出し画像

友達に無理矢理よくわからない声優の(Trignal)ライブ映像を見させられた話

(本文は、以前投稿した初めて声優(Kiramune)のイベントに行った感想の後日談です。こちらを読む前に上記のリンクの記事を読むことを強くお勧めしておきます。)

・ゆかこ氏とキラフェスに行った帰りに寄った居酒屋で、今度ライブ映像を氏の家で見ようと提案されたのだが、その時は曜日しか聞かれなかったので、まだワンチャンはぐらかせそうだった。

・しかし、キラフェスの感想を公開したところ、ご丁寧にハッシュタグもつけた甲斐もあり、多くのKiramuneファンの方々に見ていただく機会に恵まれて、その上拡散してくださったり、感想を書いて頂いた方もいてとても有難かったのだが(本当にありがとうございます)、その方々が「ようこそ!」だの「沼まであと一歩なんだしもう落ちろ」だの好き勝手に言っていただいたせいで、ゆかこ氏が本気にしてしまい、さらに最悪なことに、日程的になにも問題ない日にお誘いを受けてしまったせいで、はぐらかすこともできなくなって、いく羽目になってしまった。

・ちなみにキラフェスは2日目に行っていたら、暫定推しグループのファンを殺すセットリストや衣装で確定で死んでいたらしい。よくわかんないけどやったぜ!

・行く一週間ぐらいから代永さんのツイッターの彼女が思う可愛い画像や、見るライブ映像のサンプル動画が数種類送られてきて、いろいろと怖かった。まぁ正直ライブ映像とか、どれも一緒に見えるんだけどね!

・ライブ鑑賞会当日は、キラフェスの時と同様に真っ黒の服を着ていった。今日も染まらんぞ!

・映像は私とゆかこ氏と氏の母親と小中学校で一緒だった友人K(昔は読書好きな物静かな子だったのに、久しぶりに会ったら完全に女オタクになっていた)でゆかこ氏ファミリーの家で見た。氏の母親も氏と同じくらいKiramune、特にTrignal((とにお)、ゆかこ氏、友人Kの推しが所属しているKiramune内のユニット)のファンらしく、今度ファンミーティングで広島までいくらしい。強い。

・友人のまきろん氏(菓子盆でランスロット盆を作ったサイコ)も来る予定だったらしいのだが、ゆかこ氏曰く、彼女は緑の人に染まりそうだったから誘ったものの、バイトがあり来れなさそうだったから諦めたらしい。裏切り者め、忘れないからな。

・ゆかこ氏が作ってくれた菓子盆。甘いものとしょっぱいもののバランスが取れていて、その上軽いものばかりなので手にとりやすい。優勝者の貫禄を感じる。

・キラフェス当日に渡すのを忘れていたと言われ、袋に入った小冊子を貰った。それには当日出演していた声優の写真とサインが一人一ページフルカラーで映っていた。代永さんの写真の楽器だけちっっっさいのはなにかの比喩なのだろうか。あとサインで顔を描く奴は用心したほうがいいって私知っているぞ。

・DVDをセットしている間ゆかこ氏やKは大学の友人や母も含める親族に私のライブの感想を書いたやつを見せまくった話で盛り上がっていた。…さすがに照れちゃうよ。うへへへ。

・全部の円盤を見るのは物理的に無理なので、1枚は全部見て他はゆかこ氏が厳選したシーンのみをピックアップしてみることになった。トロの部分だけ食わせる手法はなんか狡くないか?

・全部みる円盤は、私からのリクエストでTrignalの新しめのびっくり箱がモチーフのライブ映像にしてもらった。良の予感がしたから。

・映像は3時間ぐらいで、キラフェスの半分である。でも暫定推しの濃度は数倍であるから油断しないぞ。

・映像が始まり、順番にメンバーが映し出され黄色い声援とともに本人たちがステージ上に登場した。テミーさんみたいなミニキャラはいなかった。あと会場狭くね?と思ったが、西武ドームしか行ってないから人間からすると大体の会場は狭く見えちゃっただけだった。普通に大きかった。

・ダンサーさんが箱から出てくる演出はなるほどねってなった。こういうのはふつうに見てても楽しいから良い。でもダンサーさんだけで何かやっているときに背中のチャックが全開だったのは笑った。本人は後から言われて死ぬほど恥ずかしい思いをしているはずだから、これ以上は言わないけど。

・キラフェスのときは三人で歌う曲しか聞けなかったが、こういったユニットのライブの時には各自のソロ曲を曲ずつ歌うらしい。しかもそのソロ曲というのは、作詞が歌うメンバーらしく、ソロ曲はラブソングが多い印象がある。そういうところで、個性を出すのはこっちとしても分かりやすいのでありがたい。

・赤い人(木村さん?)が最初に歌ったのがゴリゴリのセクシー系の曲だったのだが、振り付けとか声聞いていたらなぜか爆笑してしまった。何故かと聞かれても分からない。悪気とかは特にないんだけどなんか笑っちゃった。

・次に歌っていた江口さんはゆかこ氏の推しで、登場した途端彼女は早口で、純愛ソングと本人は言い張っているけど歌詞は引くぐらいストーカーのそれだということ、彼の喉仏は良いということを言った。言い終わった途端彼女は理性を失い、鼻の穴を膨らまし雄叫びを上げて彼に対する愛を叫んでいた。

・次は代永翼さんのソロかと期待していたが、三人がのそのそと集まりトークコーナーが始まった。内容としてはソロ曲の歌詞や振り付けについて三人でいろいろ口出ししたり、物販のものを宣伝(ファッションショー)をしてたりしていた。物販で売られていたカバン?は前の日にツイッターでも宣伝していたらしく、その時に一緒に江口さんの下着を一緒に写していたらしい。それで下着のブランドを特定してアマゾンのURLを貼ったり、誰がその下着をたたんだかの話をツイッターでしていたファンの方がいてやべーぞという話をしていた。明日もライブなのにずっとエゴサーチしてるあなたたちもやべーぞ。この辺の話が終わったところで、代永さんは女優だから~と舞台袖に消えていった。(美少)女(の声)優ってこと???

・代永さんのソロ。優しい友人が教えてくれたのだが、この曲は三部作の最後の曲でとてもいい曲らしい。確かに、私がゆかこから出された選択肢の中からこのライブを選んだ理由が、この曲のサンプル動画から良の予感がしたからで、実際曲はとても良かった。

・それと、これは本来故意的な演出として想定されていたわけではないとは思うけど気になったことがあって、この曲の代永さんは両小指に赤い糸を巻き付けていたのだけど、左手の赤い糸に巻き付けられた指の隣の指に、銀色に光る指輪がスポットライトに照らされて輝いていたのがとても印象的だった。何だろう・・・なぜか私は胸がほっと?するような感情に襲われた。

・これは完全に私の偏見なのだが、こういった系統のファンの方々はタレントが歌うラブソングは自分に対して歌っていると思いこみキャーキャー楽しむものであると思っていた。なのに、この曲を歌っているのはコンテンツとして、仕事として歌っている代永翼であって、普段の代永翼さんには代永翼さんなりの愛の形があるというのを誇示されている気がした。それでも会場にいるみんなそれをが理解して、飲み込んで、応援して、キャーキャーして。それってとても良い愛の形の一つなのではないか。

・そのあとぐらいにあったお酒の曲、あれいいですね。あと自己紹介が入るやつ。

・三人で歌う曲を歌っているときゆかこ氏は推しは身長が高いから、衣装が他の二人に比べて似合っていると言っていた。帽子を衣装に合わせて変えている木村さんもかっこいいと思うよ。でも代永さんはカッコいいかと言われるとディズニープリンセス。

・アンコールではゴンドラ?にのってスタンド席をまわっていたのだが、ファンサが凄い代永さんってこういうことね。一人だけパレードのミッキーのタイムラプス動画みたいになっていて笑っちゃった。これ青色のペンライトを持っている全員にファンサしようとしていたのかな。

・あと、ダブルアンコールという存在を初めて知った。本来は想定されていない?ことらしく、歌とかはなく感謝の言葉だけ言って去っていったのだが、イヤホンもささないままで出て目頭を真っ赤に染める木村さんやぐしょぐしょに泣く代永さんがとても感動的だった。江口さんだけけろっとしていたが、表では絶対泣かないのが彼なのだとゆかこ氏は憤っていた。

・すべて見終わった後、彼女は間髪入れずにスチームパンクモチーフのTrignalの三人と白色の人が合同でやったイベントのDVDを入れて再生ボタンを押した。ここからスーパートロタイムらしい。

・そのDVDの中で特に強く印象に残っているものは、ミュージカル調の曲で江口さんが闇堕ちして登場してすぐの代永を退場させたところかな。木村さんがパズドラの炎属性のオーディーン?みたいだなって思ったけど見ているときあえてそれは言わなかった。すべったらやだったから。

・このライブでもスタンド席を回っていたが白い人のファンサが独特で面白かった。手で自分とファンの目を指しながらはいはいはいはいとひたすら言うのと、手でサッとハートを作ったりするのを高速で繰り返していて、カメラが引きの映像になると、そのはいはい言っている声だけが客席から聞こえるシュールな絵面になっていたのが最高だった。

・ほかに会社?みたいな設定のKiramuneがやっている番組のトロだけ見た。

・代永さんは大抵飲食物をもって登場してない?たまたま?

・代永さんは最初劇物のやばい個性の煮凝りかと思っていたが、質問コーナーとかトークコーナーを聞いていると内側は案外まともなのでは?と思った。そこだけ見させられている可能性もあるんだけどね。

・ゆかこチョイスだからかもしれないが、やばいのはどちらかというと江口さんではないか?最初は絵のセンスとか見た目などから見て普通のおバカ系キャラ(本当はこういう表現は使いたくないんだけどね)だとおもっていて、純愛?ソングぐらいまではまだそうなのかと思っていたのだけど、なるべくかっこいいセリフを言ったら勝ち?みたいなコーナーと質問コーナーで理解した。好きなタイプがもし僕が月ならば太陽である人とかそういう発想の持ち主はそういう単純なキャラでは出てこないよね。


・ざっくりとではあるが一通り見てゆかこ氏が満足したのでお開きにする流れになった。最後にキラキラしたおじさんばかり見たせいで中和したい気持ちになり、わがままを言って陰気臭いおじさんたちが菓子盆を囲ってほくそ笑む最高の動画をみんなに見てもらった。なんで同じようなタンパク質の集まった似たような生物なのに、こんなに違うんだろう。

・帰る直前にゆかこに鑑賞会の感想文(これ)を書けと言われた。キラフェスの時は予め何か適当な媒体に書いてやろうと思っていたからあそこまでの量の文をかけたが、今回はそんなつもりはなかったし、友人にはそんなこと言わなかったのに酷いと思ったが、書いた。ゆかこは1文字1円相当に換算して美味しいご飯を奢ってくれるってことでいいよね。だいたい4500文字くらい書いたんだし。

さようなら。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキといわれるのが好きです。お金もそれなりに好きです。でも最後まで読んでくれた貴方が一番好きです。ありがとうございます。

貴方のスキが五臓六腑に染み渡るを感じる…
3

とにお

感想文に十文字以上使わない縛りを辞めた人のリハビリセンター
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。