やった~イベントだ~!(日記・超前篇)

重要・これはオモコロイベントのレポートではなく、イベント発表~開演するまでの日記です。あらかじめご了承ください。(後日イベントのネタバレ解禁になったら、本編に触れた内容も書くかもしれません。イベント終了後の奴はなるべく早めにまとめます)←書きました!
前編
https://note.mu/tonio815/n/n8e32ef933e59

・オモコロイベントの先行抽選発表されたとき、私は祖母宅にいるお仏壇に手を合わせに行った。先祖パワー。

・そのおかげなのか、チケットは当選したし番号は滅茶苦茶前だった。こんどちゃんとお墓参り行きます。おじいちゃんありがとう、大好き。

・私は本当に化粧とかが分からないので当日は、美容系に進学した高校時代の友人に髪とか爪とか顔とかめちゃめちゃいい感じにしてもらった。誰だ私は。

・開場するまでの間、いつもツイッターお世話になっている大好きな方とお会いして、デートした。めちゃくちゃ迷子になってスマホの画面とカバンの中身ばかり見てしまったことが惜しい。

・物販を販売開始30分か15分くらい前に並んだら、もうすでに数十人くらい並んでいて、それぐらいの時間から知っているライターさん(長島さんなど)がぞろぞろと出てきて準備しだしてきて、実在〜ってなった。ファンもライターさんも実在する有機生命体らしい。キショ松さんのTシャツは10まいしかなかったらしく、すぐになくなってしまった。

・自分の番になり、物を買う。緊張しすぎて、ダメな早口オタクになってしまった。恥ずかし~。長島さんのブロマイドを手に取ろうとすると、めちゃくちゃ反応してきてくださったのでそれだけでお金出す価値があってよかった。

・会場まで時間があったので、いつもツイッター上で優しくしてくださっている方々にお会いしてお互いの実在性を確かめ合ったり、お土産を渡した。皆さんとても優しくて、しかも実在していらっしゃってびっくりですよ…当日は紙を配っていたので、優しくしてくださっている方のご友人にも見境なくばらまいていたのですが、皆さんねぇ…貰っていただいてねぇ…嬉しっすよ…お菓子なんて…貰っても食べない方がいいんですかね・・・(とても大切な思い出なので)

・そうこうしている間に、整理番号順に呼ばれら時間になり、一旦は身バレのためにツイート消しちゃったけど、もういいよね、私整理番号2番だったんです。なので、最初のブロックで呼ばれて、前の方に一応1番であるか確認して、脳みそぐちゃぐちゃのままツイッターを開き、なにも書くことが案の定出てこないで、後ろの方にも三番であるかお声がけして、ツイッター開いて、note開いて、閉じてという無意味な行動を開場するまでしていた。

・開場時間。お金を払い、ドリンクバッジと金ピカウエットティッシュ(いつもの)を貰い、中に入る。

・これ見たとき私もそうだったが、前の方も滅茶滅茶ビビってた。誰もいないし、つめつめで最前列がめちゃくちゃ近い。これ本当に前行くか本気で悩んだ。でもせっかくなので最前列のドセンに陣取った。せっかくだし、ねぇ?

限定ドリンクはお酒がダメなので、アイスティーにした。とても冷たく甘さがちょうどよくて美味しかった。シールは永田さんのボイスドラマのキャラクターのタトゥーでした。~OMORO~

・とりあえず飲み物を置こうとするとどうしてもステージしか置き場所がないのでわたし含めて飲み物はステージ上に中身がなくなるまで置いた。そんなこと普通ある?

・開演する5分前くらいにとなりに座っていた方がARuFaさんと恐山さんが片面ずつで推しているうちわを取り出していて、「恐」っていう漢字二度とうちわに貼らない字だろうな〜と言っているのを聞いた。すごいパワーワード。

準備している間もたまに記事で出てくるライターさんがせっせと仕事していてふぉ〜ってなった。すごい、動いてる!!!

スタッフさんの「はい、第1部始めますよ〜」という声で、イベントが始まる。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

スキといわれるのが好きです。お金もそれなりに好きです。でも最後まで読んでくれた貴方が一番好きです。

貴方がスキってしてくれたこと忘れないですからね
3

とにお

感想文に十文字以上使わない縛りを辞めた人のリハビリセンター
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。