Amazon誕生25年_

今日でAmazon誕生25年。デビュー当時はみんなこう言っていた… から今思うこと


こんにちは! 市川ヒロシです。

「Amazon誕生25年」と聞いて、
ぼくの頭に最初に
思い浮かんだワードは、


「ワンクリック特許」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


元弁理士のぼくにとって、
「ワンクリック特許」というのは、
印象に残るワードの一つなんですね。



■「ワンクリック特許」というのは、

長年、Amazonで用いられている、
「1-Click注文」の仕組み、ありますよね、

あの仕組みの特許のことです。


送付先や支払方法などを予め、
登録しておけば、

ワンクリックするだけで
即、注文が完了するため、

ユーザーにとっては、
入力の手間が省けて、
とても便利な機能だったわけです。



■ところで、なぜ、
この「ワンクリック特許」が
ぼくの印象に残っているかというと、・・・

1990年代後半から、特許の業界では、
「ビジネスモデル特許」というのが
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
注目され始め、

その代表的な事例が、
このAmazonの「ワンクリック特許」
だったからなんです。


当時、
ビジネスモデル特許というのは、

「インターネットを使った
新しい商売の仕方や仕組みが特許になる」

ということで、一大ブームになったんですね。


そして、今でも、
ビジネスモデル特許は、
時々、注目されます。

最近、注目された
ビジネスモデル特許としては、

あの「いきなり!ステーキ」の
ビジネスモデル、

「ステーキの提供システム」の特許が
挙げられます。



■さて、Amazonは、
「ワンクリック特許」を

世界中で(もちろん、日本も)
取得していました。

そのため、
「1-Click注文」という仕組みを、
Amazon以外の企業は、どこも、
マネすることができなかったんですね。


その結果、
Amazonの利用者は確実に増え、

この特許は、
売上にかなり貢献したと思いますね。

ちなみに、
この特許がアメリカで
最初に出願されたのが、

1997年9月12日。

それから20年経った
2017年9月12日に、

この「ワンクリック特許」の
特許権は消滅したので、

今では、
この技術は誰でも使えます。



■こんなふうに、
ビジネスのアイデアを
収益化に結びつけるのに、

特許という仕組みは
素晴らしいものなんです。


しかし、現実には、
手続きも難しいし、
実際に特許が降りるまで
相当な期間を要します。


なので、
個人ビジネスで利用するには、
相当、壁が高いと思いますね。

でも、
特許を使わなくても、

今なら、
自分のビジネスアイデアを
簡単に収益に結びつける方法が
あります。


もし、興味があるなら、
コチラを見てみてくださいね。
  ↓↓



【参考】

Amazonのワンクリック特許(その1)

 Amazonのワンクリック特許(その2)


いきなり!ステーキのビジネスモデル特許



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

市川ヒロシ@オンライン通信講座コンサルタント

対面でセミナーや講座をビジネスの中心に活動している人にオンライン通信講座の立ち上げや会員サイトの開設を指導している / 人や社会に貢献しつつ経済的余裕を得て生きがいのある人生を送りたい人を応援している 詳しくは▶ http://jkjk.biz/o/5CveCO
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。