キングコング西野の_新世界_

8分でわかるキングコング西野の「新世界」~ ココが気になる



こんにちは! 市川ヒロシです。

今回は、学識サロン まぁーさんの
Youtube動画をもとに、


西野 亮廣(にしの あきひろ)さんの
著書「新世界」に
触れてみたいと思います。


■西野さんと言えば、

漫才コンビ キングコングの
ツッコミ担当で、
よく知られていますが、


今は、「にしの あきひろ」の
ペンネームで絵本を書いたり、

脚本を書いたり、
海外で個展を開いたり、
映画を作ったりと、


マルチにおもしろいことを
している方です。

■著書「新世界」の内容は、

大きく分けて、4つ。


1.大事なのは
自分でレールを敷くこと

2.クラウドファンディングについて

3.信用を貯める方法は
嘘を捨てること

4.オンラインサロンについて


■このなかで、気になったのは、

1つ目の

大事なのは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
自分でレールを敷くこと
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄


西野さん、25歳という若さで、
ゴールデンタイムで
冠番組を持つほどの
人気芸人になりました。


でも、このとき、
西野さん、考えます。


「なぜ、こんなに人気があるのに、
芸能界のトップを走る先輩方
(タモリさん、さんまさん、たけしさん)
を追い抜くことができないのか」と、


そして、あることに気付きます。

自分が今走っているレールは、
彼ら先輩方が敷いたレールであることを。

なので、そのレールの上を、
どれだけ走っても、

ただ、彼らの背中を後押して、
彼らの人気を高めているに
過ぎないのだと言うことを。


結局、ひな壇芸人でいる限り、
いつまで経っても
トップには立てないことを。


そこで、西野さん、決意します。

誰の足跡もない土地を歩こうと。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そして、
絵本を書き始めると共に、

芸人として
ひな壇の仕事を受けないと
決めたそうです。


その結果、
どうなったかというと、・・・

周りからは、

「調子に乗っている。空気を読め」

と中傷され、

西野さん本人だけでなく、
応援しているファンやスタッフにまで

その誹謗中傷の矛先が
向かったそうです。


こんな風に、

夢を語れば、笑われて
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
行動すれば、叩かれる
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

そんな環境から、
勇気を持って、
一歩踏み出す方法。


その内容が、
「新世界」には
記されているとのこと。

■まさに、
「出る杭は打たれる」
という状況で、

いかに
自分らしく生きていくか、

その具体的な方法が、
この本には、
書かれているようなので、

ぜひ、手に取ってみたいと
思いました。

追伸:

ビジネス書の古典で、
デール・カーネギーの名著

「人を動かす」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

人が生きていく上で
身につけるべき

人間関係の原則を、
いくつもの実例を交えて
語った内容で、

知らない方は
いないと思います。

でも、最近、
ぼくが読んだ
ビジネス書で、

この「人を動かす」よりも、


腑に落ちた内容の
本に巡り会いました。


「人間関係のバイブル」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
とも、呼ばれている書籍です。

ぼくのプロフィールページで
紹介していますので、

興味がある方は
ご覧ください。
↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

市川ヒロシ@オンライン通信講座コンサルタント

対面でセミナーや講座をビジネスの中心に活動している人にオンライン通信講座の立ち上げや会員サイトの開設を指導している / 人や社会に貢献しつつ経済的余裕を得て生きがいのある人生を送りたい人を応援している 詳しくは▶ http://jkjk.biz/o/5CveCO
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。