Netflix映画 進撃の巨人 ワールド・オブ・ザ・エンド

 『前編』は劇場で見ていたが、『後編』は忙しい時期に入ってさらにお金がなくて見れなかった。ずっと見れないままになっていて、引っ掛かっていた作品だ。Netflixにあることに気付き、やっと視聴。

 内容は…………まあ。『前編』のあの内容でも、まだ良かったといえるくらいの酷さ。脚本のどこが悪いのか、挙げればキリがないし、見れば明らかなのでもう書かないことにする。良いところが見付からないレベルで出来の悪い脚本。
 どこかでちらっと聞いたけど、「前後編にしたほうが予算が出る」ということで、もともと1本の作品だったものを2分割したそうだけど……うん、納得だ。とにかくも薄い。
 『前編』は劇場で見て、『後編』はこうやってもモニターで観ていたわけだけど、落ち着いた環境で観ると、画の作り方がやっぱりアニメ、ということに気付く。やたらと角を立てる煙エフェクトの描き方とか、血しぶきの飛び方とか。廃墟シーンの光景とかも、アニメの美術みたいな描き方。アニメだなぁ、これ。
 『実写・進撃の巨人』はエフェクトの載せ方が下手で、エフェクトがやたらとくっきり見えるのだけど、おかげでアニメっぽく見える。アニメっぽく見えるものを、質感だけ実写にしているわけだから、なんとなく不思議映像に見えてしまう。
 後編の巨人は、なんというか、人形っぽい……。超大型巨人は実際に人形だったそうだけど、鎧の巨人もなんとなく人形っぽい質感。
 実写版の唯一の強みは「質感」。アニメは基本的にはシンプルな線と色彩だけだから、どうしても巨人特有のおぞましさは描きにくい。アニメは演出やストーリーで巨人の恐ろしさを描いてきたのだけど、実写はそれそのものをドーンと画面に出すことができる。が、『後編』の巨人は妙に作り物っぽくて……。あれは……そうだ特撮映画の感覚だ。鎧の巨人にしても、ヒーローコスチュームみたいな質感だ。
 巨人同士の対決もウルトラマンっぽい感じだったし、いっそ『進撃のウルトラマン』で良かったような気もする(『進撃のウルトラマン』の語呂がまずければ『ウルトラマン・エレン』にしよう)。
 「今回のウルトラマンは『進撃の巨人』めいたものが出るぞ!」と、ウルトラマンのゲストキャラだったということにしておこう。私が観たのは『進撃の巨人』ではなく『ウルトラマン』だ。

 『進撃の巨人』の原作の話だけど、もちろんずっと読んではいるけど、ブログでもツイッターでも一切話題にしていない。というのも、話題にしちゃいけないところに来てるな、という感じがしているので。まだ読んでない人へのネタバレをしちゃまずいので、そもそも話題にしない、と決めている。
 話題にしないのは、読んでないからではなく、ものすごく面白いから。面白いからこそ話題にできない。
 だけど、ここでちょっとだけ原作の話をしよう。
 なぜ原作の話をするかというと、今の原作、完全に『樋口版・進撃の巨人』にとどめを刺してしまっている。諫山創にとっては、最初から計画のうちだったのだと思うけど、樋口真嗣にとってはショックだっただろう。物語の奥行きにしても意外性にしても、実写版はなにひとつ原作を再現できなかった。

 実写版の『進撃の巨人』にはなにもいいところはなかったけど、ずっと引っ掛かっていたものだから、スッキリして良かったよ。

2/16

こちらの記事は私のブログからの転載です。元記事はこちら→http://blog.livedoor.jp/toratugumitwitter/archives/51617094.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

とらつぐみ

ブログ

私の個人ブログに書いたものを画像にして貼り付けたものです。内容は一部省略されていますが、だいたい同じです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。