TORCHES ZERO 小田原、箱根、相模、西湘

96
ノート

トーチズオフィス、まだつくってます。

どうも、都内でWebディレクターをしているくいしんです。写真はある小さなビルの一室だ。小さなビルの3階を借りることにしたぼくらは、今、リノベーションにとりかかっている。

と、最初のnoteに書いた。それは最初も最初、一本目だ。「リノベーションにとりかかっている」と書いたのが4月で、今もまだ、そのリノベーションは途中だ。フリーペーパーもまだ出ていない。このnote(マガジン)は、思っていた以上に「

もっとみる

99(TORCHES ZERO統括)

文:守屋佑一

なんとなく昔から99という数字が好きで、100よりも魅力を感じてしまう。
なぜだろう。
僕と99の関わりといえば、高校の創立99年の年に卒業したのと中村紀洋選手のファンということくらいか。
そんなことは関係なしに99という数字が好きだ。
でも好きとか嫌いとかは特に理由がないものかもしれない。
ただ、完全な綺麗なものよりそれができる直前がなんとなく良いと思っているのかもしれない。

もっとみる

TORCHES ZERO総括‼︎

文:大川直也

TORCHESが、まず最初にはじめたのがnoteだった。どんな人が、どんな事を考えて、なにをつくるのか。

結果、牛乳ビルのリノベーションは終わらなかったけど、今まで、飲み会でさえ話していないような、些細でどうでもいいことを文章にした。地元のホームセンターへの思い入れとか、僕が子供の頃になにを見ていたかとか、どうやって腐った壁を叩き割ったかとか。

noteの記事を3人

もっとみる

100のあと

文:大川直也

何度も言うけど、リノベーションが完了する前に、マガジンが100を数える。ここまで読んでくれた皆さんに当然、完了を報告する義務があると身勝手な使命感を抱いているし、労をねぎらって頂くために、リノベーションの模様は新しいマガジンで完了までをお伝えします。

マガジンというnoteの記事をまとめておく容れ物は、100本でいっぱいになってしまう。これが終わる頃にはリノベーションを終

もっとみる

高校の頃はファミレスにみんなで集まってるだけで底抜けに楽しかった。

くいしんのこと6-高校の頃はファミレスにみんなで集まってるだけで底抜けに楽しかった。

どうも、小田原生まれ小田原育ちのくいしん(@Quishin)です。いまは都内で、Webディレクターという仕事をしています。そんな仕事をしながら、ときおり思うことがある。それは「僕は、成長しているだろうか」ということだ。

「僕は、成長しているだろうか」と思う瞬間でよくあるのが、「ちょっといいお店でお酒を飲んでい

もっとみる

大川直也のこと8

『豚足』
文:大川直也

豚足って食えない。子供の頃から偏食が多く多方面関係各位に心配をかけていたように思う。海老フライも食えない、野菜は全部やだ、カニさえいまいち、きのこ、魚介類、よくわからない煮こごりだかテリーヌなんてもってのほか、和食の小鉢なんて完全に無視。そんな子供だった。今思うとなにを食っていたのか。ハンバーグとコロッケとかかしら。グミとかラムネかしら。

いつのまにか偏食はかな

もっとみる

夏のリノベーションの助走

文:大川直也

壁と天井が真白になると、完成形というか全体像が見えた。理想通りに進んでいる。床は設計図を書き終えて、あとは本当に細かいこと、ちょっとした色だったり、照明の種類だったり。

雑誌を読み漁る。コンクリートの床もなかなかかっこいいなぁと思ってすぐ、木の床を想像して思い直す。照明もメインのものは決まっているけど、例の社長室と呼んでいる部屋は決まっていないので、業者向けの照明カタログ

もっとみる

7月上旬のリノベーションの助走

文:大川直也

8月現在、リノベーションは完了していない。ペンキを塗り終えてから、とても長い助走期間になってしまった。かなりよく言って助走、なにやら忙しいのにかこつけてリノベーションをさぼっている。わるく言ってさぼっている。

7月に入り、なにをしていたかと言うと、ドア用の新しい金具を発注したり、まだ使えそうな金具を持ち帰って研磨したり、床張りの図面を書いたり、温泉に浸かっていた。

もっとみる

リノベーションの行方

文:大川直也

ペンキを塗った。そして100本目のnoteまで、これを含めてあと10本。ペンキを塗ったあとは、以前にも増して、地味で細々した作業をしただけだった。多分、というか、確実に100本目のnoteが終わるまでにリノベーションは終わらない。

リノベーションに残された作業は、フローリング張り、貯水タンクの清掃、ドアの色塗りと設置。これが終われば、照明を取り付けて完了。

フローリ

もっとみる

6月20日の真鶴合宿その3

文:くいしん

「合宿をしなくちゃダメだ」というのはトーチズというプロジェクトが動き出したかなり初期段階から言っていたことだ。そこでやらなくていけないことというのは、もちろん「みんなの想いの擦り合わせ」なんだけど、ぶっちゃけるとそんなことはどうでもいい。同じ場所で飯を食って、同じ場所で考えて、同じ場所で寝るということ。これを「やること」が何より重要で「合宿」という場所の意味だと思う。どうも、くいし

もっとみる