「週刊キャプロア出版(第34号):透明な・・・」の発売と、「脱・週刊キャプロア出版」廃刊のお知らせ

巻頭歌

とうめいなひかりのなかに佇んで始発列車は乗客を待つ がね

はじめに

小さい頃、流れる川の水を何度もすくっては眺めていました。
透明なものは、向こう側が透けて見えます。
水の向う側、ガラスの向う側。
同じ景色のはずなのに、なんだか少しだけ違って見えるような気がする。
何色でもない透明の世界は、私の中でひっそり何かを待っているようでした。
色のない世界はあるようでないようで、ちゃんと見ようとするほど、ますます遠ざかっていく。
そんな世界を言葉にしたらどうなるだろうとふと思い立ちました。
透明な・・・何かを感じていただけたら、と思っています。

『週刊キャプロア出版 第34号~透明な・・・』
リーダー 峯本雅子
表紙作成 もりしんじ

週刊キャプロア出版(第34号):透明な・・・
https://amzn.to/2CGSOCp

トリプロデューサーは、今号の週刊キャプロア出版に関わって・・・ませんw

今回も、「脱・週刊キャプロア出版」をトリプロ出版から出そうかな〜と、チラッと考えたんだけどね

表紙をpngで背景を透過処理して、透明を演出しようかな〜とか
でも、誰も気付いてくれなさそうだなとw

というか、前回の「脱・週刊キャプロア出版」、予想以上に不評だったんですよw

ということで、「脱・週刊キャプロア出版」は第33号をもって廃刊となりましたw
脱・脱・キャプロア出版とさせてもらいますm(_ _)m


さて、週キャプ34号のリーダーは、まさこさんですが

さいもんピンクと、さいもんグリーンを作ってくれて「かわいい^_^」と言ってくれた良い方ですw

ちなみに、さいもんを組み立てる途中で・・・

ちょっと透明っぽくなったりしますw

そんなこんなで(どんなだ?)、週刊キャプロア出版について創刊号から第34号までのまとめリンクを作ってみました

ところで、「脱・週刊キャプロア出版」は廃刊となりましたが。

脱・キャプロア出版については・・・

この続きをみるには

この続き:63文字

「週刊キャプロア出版(第34号):透明な・・・」の発売と、「脱・週刊キャプロア出版」廃刊のお知らせ

🎲トリプロデューサー@サイコロ紙風船

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

投げ銭感覚でサポートしてもらえると、すごく大きな見返りがあったりなかったりするかもしれません🎲

賽は投げられた。「 2 」の目だった。
23

キャプロア出版とトリプロ出版

非中央集権のキャプロア出版と、中央集権のトリプロ出版。これらに関する投稿をまとめたマガジン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。