引用

「エロティシズムとは死に至るまでの生の称揚である」

J. バタイユ(フランス哲学者)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ご訪問ありがとうございます。この投稿を面白いと思った方は、スキ、コメント、SNSへのシェア、サポートetcして頂けると大変励みになります。よろしくお願い致します。

花に風に挨拶しよう。
18

kana

引用

大好きな詩や映画、本からの引用

コメント8件

ミレイのオフィーリアですね!好きな絵です!
さおりさん、引き込まれる絵ですよね。でも何か見てはいけないものを見てしまったような感じがする不思議な絵です。
まさにシェイクスピアとミレーとバタイユのコラボですね(笑)芸術って奥深いです。ちなみにレオポルド・バルトの描く『オフィーリア』は完全なるエロスです。こちらもかなり美しいです。https://thealternativevision.com/2016/11/06/a-beautiful-scene-which-didnt-make-sense-ophelia-by-leopold-burthe/
kumiさん、おはようございます。今日は春の嵐ですね。若い美女、水、狂気、死、花々…これらのモチーフが合わさると独特の官能的な世界観が生まれますよね。生で観たことありますが、しばらく絵の前から動けませんでした。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。