瀬戸内国際芸術祭の復習(犬島、豊島、直島ルート編) その3 [最終回]

<3.豊島へ>
前回は犬島の犬島精錬所跡美術館に行った話を書きました。今回はその続きのお話です(今回の更新がこのシリーズの最終回です)。

犬島から豊島への船は11時台だった思います。上陸してから2時間半くらいはあったかなぁ。美術館を出た後、精錬所跡(遺跡のような雰囲気の煉瓦造りの廃墟です)を散策する時間は十分あったように思います。ここからは犬島に来た時と同じく小さめの船に20分くらい乗って(時間合ってるかな?)豊島に上陸です。

豊島は犬島よりは大きい島です。直島には及ばないとはいえ、それなりにアート作品を見るポイントがあります。残念ながら半日(実際は4時間切るくらい)しか時間がなく、しかも夕方前には直島に渡らないと帰れなくなるので、巡回バスのバス停もいろいろ飛ばして、本命の豊島美術館に向かいます。

直島の地中美術館に行ったときと違い、朝イチで来たわけではないのですぐには入れず、時間指定のチケットを買ってしばらく時間を潰してから入ることになりました。30分くらい待ったように思います。

豊島美術館は非常に不思議なところです。コンクリート作りの分厚い生き物の膜(なんと表現したら良いのやら)に包まれる感じで、SFっぽいとでも言えばいいのかな。コンクリートのなだらかな曲面に包まれた、だだっ広い空間にはドーム状の広い開口部があって空と繋がっています。古代の宇宙人の遺跡を思わせるイメージです。

そして、さらに不思議なのは、ツルツルの滑らかなコンクリートの床に河原にある小石のような大きさの玉状の水があって(ビー玉よりも大きかった気がするけれど、どうだったんだろう?)、風が吹くとそれがゼリーのように震えながら玉状を保ったまま移動するのです。

何か疎水性の水をはじく素材をコンクリートの表面に塗布してる(?)か何かで、ただの水がそんな不思議な(生き物のような)動きをすることになるそうなのです。今思い出しても夢を見ていたんじゃないかと思うくらい不思議な光景でした。「なんだこれは!?」と思っても一人で行ってたのでただ声には出さず驚くばかり。

豊島美術館館にはそれなりに人が入っていたので少し騒々しいくらいの感じでしたが、ここに人が少ないときに来れたなら、他の場所では決して味わうことの出来ない不思議な感覚(人の意思に包まれる…。アートに包まれる…。)を存分に体験できるだろうと思います。次に行く機会があるなら、ぜひ人が少ないときに行きたいです。

あと豊島で見たのは花やハーブを植えた綺麗な庭のある所や、田んぼや、あと古民家を改装したようなところですかね(記憶がものすごくあいまい…)。派手な場所はないのですが、のどかな印象でした。豊島でも島の循環バスがあってそれで船の乗り場まで行くのですが、だいぶ長い人の列があって15分くらい前から待っていたのに、バスが遅れたせいもあって、満員状態で港まで戻りました(ここではバスに乗りそびれる人も出てました。後のバスで来た人たちもなんとか直島行きの船に間に合ったみたいで良かったです。)

◼️
<4.再び直島へ>
豊島から直島に着くと、既視感がある場所に来たせいで急に旅の緊張感から覚めてしまいました(ワクワク感無い)。いくら旅だとはいっても、1度来た場所はどこか新鮮さが無くなって飽きてしまうもんですね。そこはちょっと残念でした。

宇野港へ行く船が出るまで1時間くらいあけておいたので、前の日に回れなかった場所をいくつかまわり、あとは前回ご説明したとおりのルートで帰路についたわけです。

◼️
<5.総評>
では、最後にまとめます。

犬島、豊島では、言葉で説明すれば一言ですんでしまうけれど、その場所に行って体験しないとわからない体験型アートの醍醐味を味わうことができます(遊園地のアトラクションとは違います)。体験した人に、ある種の「覚醒」をうながします。

言葉による説明はなくても、頭の中で言葉がよぎるスピードよりも早く、フワッと一瞬で何かを伝えていくのです。それは他では味わうことのできないとてもスリリング感覚です。もし何かの縁で行く機会がありましたら、ぜひこれらのアートを肌で感じていただけたらと思います。

で、話は戻りますが2019年は瀬戸内国際芸術祭の開催年です。

私が今年行くとしたら、そこは直島、犬島、豊島以外のどこかになるでしょう。また新規ルート開拓するところからスタートです。いろいろ大変なんですが、こうやって何年もかけてちょっとずつ島をまわっていくことに面白みを感じています。

以上、長くなりましたが、芸術祭の話はいったん終わりたいとおもいます(軽い気持ちで書き始めたら、思いのほか長くなってしまいました…)。読んでいただき、ありがとうございました。

※次はもっと短い話を書きたいな。あと、過去の話じゃなくて最近の話。

#直島 #犬島 #豊島 #瀬戸内国際芸術祭 #アート

3

トロ@日記の人

主に音楽、写真、アート、本のことを書こうかと思ってます...。週2くらいで何か書きます。(カテゴリー:ギター/アナログシンセ/レコード/フィルムカメラ/モノクロ写真/現代アート/ラジオ/夏目漱石/散歩/etc...)

瀬戸内国際芸術祭の復習

瀬戸内国際芸術祭で島をまわったときのお話
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。