横浜美術館

赤ちゃん連れおすすめ度 ★★★★★

ここがおすすめ!
・実は穴場かも?!乳幼児連れに優しいポイント盛りだくさん
・やっぱり外せないコレクション展

横浜美術館、アクセス的には自宅からだとちょっと遠めなんですが、息子とは既に2回ほど訪れています。
企画展もコレクション展も素晴らしいから、というのもありますが、乳幼児連れでも安心なポイントがいくつもあるんですよね。

授乳室やオムツ替えシートなど、あると嬉しい基本的な設備は全てカバーされていますが、個人的にポイントが高いのは
・抱っこ紐の貸出
・併設カフェのベビーチェア
です。

混雑している展覧会の場合、乳幼児連れでの鑑賞はベビーカーではなく抱っこ紐推奨。
ベビーカーの貸し出しを行っている美術館は割とあるのですが、抱っこ紐は珍しいかもしれません。
実際、現在の企画展「モネ それからの100年」(混雑必至ですが超おすすめ。9/24まで)は平日でもなかなかの混みっぷりで、1度ベビーカーで展示室に入室してみたものの、結局ベビーカーを預けて抱っこ紐で再入場することに。。
私はベビーカーでも抱っこ紐は必ず持ち歩くようにしていますが、もし忘れてしまった場合などは、この貸出はありがたい!
ちなみにベビーカーは1階の総合案内で預かってもらえるので安心です。

美術館併設のカフェはゆったりしていてベビーカーでも入店できるのですが、ベビーチェアがあると離乳食や水分補給がしやすいですね。
このカフェ、大抵そこまで混んでいないので過ごしやすく、利用頻度が高めです。

実は乳幼児向けの設備に関しては、向かいの商業施設MARK ISがこれでもかってくらい超充実しているので、そこでも全て事足りるんですが、それだけに利用者もめちゃくちゃ多い。
MARK ISは赤ちゃん用の休憩室がなんと3フロアにもあるんですが、常に人が多い印象です。
そういう意味では、美術館の設備は利用者も多くなく、かなり穴場かもしれません。

横浜美術館もまた、コレクションが素晴らしい美術館なのでこちらも見逃せないところ。
個人的に「コレクションは美術館の要」だと思っていますが、横浜美術館は企画展との橋渡しが自然で、コレクションを最大限に活かした見せ方がとても上手いのです。企画展とコレクション展に一体感があって、満足度が高い。

しかし、例によってコレクション展はびっくりするくらい空いている・・・本当にもったいない!
設備をフル活用すれば、企画展もコレクション展も、赤ちゃんと一緒にゆっくりじっくり楽しめる美術館だと思います。

横浜美術館

主な設備
ベビーカー貸出、抱っこ紐貸出、授乳室、オムツ替えシート、カフェにベビーチェアあり


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!
13

ayako

赤ちゃんと行く美術館・ギャラリー

実際に息子と一緒に訪れた美術館やギャラリーで感じたこと、あれこれ。 おすすめのポイントや気をつけなければならない点など、乳幼児連れの視点からのレビューです。
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。