読書感想文

4
ノート

週休5日でハッピーに暮らす −大原扁理「20代で隠居」を読んで−

読むべき本には出会うべくして出会う。

なんか偉そうだけど、だいたいそんなものですよね。
本屋なんかで自然と目に入ってくる本や雑誌ってあると思います。
そしてその本の内容や雑誌の記事などがうまーく繋がって、読むべき本を引き当ててくれるということもありますよね。

私が今回そんな形で出会ったのが

大原扁理さんです。

彼は、隠居と称し週休5日(!)の悠々自適な生活を送っているのだそう。
そのライフ

もっとみる

「まぁまぁ」でいいのだ

先週のはなしなのですが
近所の書店で、雑誌編集者であり作家の服部みれいさんの本に出会いました。

そしてそれ以来、彼女の編んだ雑誌である、「mur mur magazine」
(マーマーマガジン)を少しずつ集めてます。

表紙のシンプルさも素敵なのですが、内装は凝っていて、
内容が興味深いだけでなく、文章やイラストのレイアウト、文字のフォントや色使いまで、全てがとてつもなく、自分にビビッとくるもの

もっとみる

世界中にいる、あたしとあなた

大人になったものだなと思ったこと
私にとってそれは

詩集を買ったことです。

「あたしとあなた」谷川俊太郎

いうまでもなく、「あたし」と「あなた」についての詩集です。

私は今まで小説や漫画本なんかしか買ったことがなく、
せいぜい詩集は図書館で読むくらいでした。
すぐに読み終わってしまうのに、ちょっと手の出しづらいお値段・・・

そう考えていた矢先、この聖書みたいな装丁に目を奪われ、
思わず手

もっとみる

ジョウホウの海にたゆたう

今回は本の紹介をします。

と、見せかけて実は「情報の選び方の話」だったりもします。
そして巡り巡って「自分と向き合う話」です。

今日もまた肩肘張って書いてますが、気楽に読んでやってくださいね。

お休みをいただいてからというもの、頭だけはぐるぐる働きまくって、いらんことまで考え出してしまう今日この頃です。

そんな私が特になんのあてもなく、偶然書店でみつけたのがこの本。

うん、よくない!全然

もっとみる