何もかも憂鬱な夜に(著:中村 文則)

児童養護施設で育った刑務官の「僕」は、夫婦を刺殺した二十歳の未決囚・山井を担当している。一週間後に迫る控訴期限が切れれば死刑が確定するが、山井はまだ語らない何かを隠している…

誰しもが子どものころ、「何で生まれてきたんだろう?」「何のために生きてるんだろう?」「自分に何の価値が有るんだろう?」という疑問を持ったことがあると思う。

その疑問は何時しか小さくなり、それでも時を重ねて大人になっていく中で「何のために仕事してるんだろう?」「自分は何がしたかったんだろう?」「何で自分はここにいるんだろう?」そんな問いかけを、ふとした夜中に自ずと問うてみたりする。

いのちと人生は、分けられるものなのか。いのちとして、人として生きていく、その道程は、誰しもに開かれた平等で公正なものなのか。自由とは、希望とは、何なのか。

この作品には、死刑制度、生と死、思春期の問題、大人になった後も悩まされる内面の混沌、芸術に対する想い、希望など…それらについての様々な情動が、込められている。

解説は、ピースの又吉直樹さん。この解説の中にあるフレーズを読むためだけにこの本を買ったとしても、後悔はさせない。と、言い切れる。

人間性という岩、それに鍬を立てる行為を文学と云うのだ

胸が、ふるえた。そんな表現をした人の文章には、たしかに文学が息衝いている。後に、彼自身も芥川賞を獲る小説家になろうとは、思いもしなかったけれど。

人間性とは一体、何なのだろうか。ほんとうに、人間らしさには、人間らしさが宿っているのだろうか。小説を読みながら、そんなことをふと考えてしまった。この文学を通して感ぜられた心の動き一つ一つは、きっと、ずっと、自分の中に残り続けることだろう。

「文学は、人の苦悩の歴史」だと。小説家の平野啓一郎さんが何処かでつぶやいていたのを、僕は憶えている。人は鏡と向き合うかのようにして、文章の中にある“自分自身”をみとめ、苦しみをうけいれていくのかもしれない。つまり、文学の中にある人間性の表現との出遭いは、胸のうちに深く潜んで沈んで澱んでしまった自分に気付かせて、承認を与え、人を回復へと向かわせる効能があるのだと思う。まるで、魔法の様に。

そうなのだ、僕の何もかも憂鬱な夜を救ってくれたのは、いつだって文学の中に居る“貴方”だった。有り難う。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

良い週末を!
5

omoide

その時々に、思ったこと、考えたことを。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。