見出し画像

人生のご褒美

ある著名人の方がご結婚されるという記者会見のあった深夜、その人がレギュラーを務めるラジオ番組は放送された。

その芸能ニュースを見て、僕は旧知の仲のある男に「おめでとう、よかったね」とその日のお昼にメールを送った。何故なら、彼はその人のことがずっと大好きで、ずっとファンとして応援していたからだ。シェフ見習いとして修業していたころ、彼の独り暮らしのアパートには冷蔵庫と布団、あとはその人の番組を聴くためのラジオしかなかった。彼の結婚式披露宴では、その人のビデオレターがサプライズで流れた。彼が自分の店を出して小さいながらも自分の城を持った時にも、後輩や仕事の同僚を連れてその人は店に足を運んでくれていた。

その人からは、ずっと「ライブに招待するよ」と云われていたが、彼はお気持ちだけ頂戴しては、お断りしていた。俺は、ちゃんとお金を払って、ファンとしてライブが見たい。それが恩返しかは分からないけど、俺にできることはそれぐらいしかないから。そう言って、ずっと抽選で外れて、やっと初めてライブを観れたのは先日開催された高知県でのライブだった。「良かったよ。やっと、やっと観れたんだ。すんごくよかった」そう言っていた。

「いっしょにお祝いしよう!あと、ラジオも聴こう!」そんな訳で僕は彼の店を訪れ、閉店までいた。写真は、いつもならお薦めのワインを書いてある黒板に「ボスの結婚を祝いたい。だって大好きだから。だから半額」という彼の直筆。

深夜、誰もいなくなった店内で、彼とカウンター席に並んで座った。スマホをステレオに繋いで、ラジオが始まるのを待った。そして、番組は始まった。

その人は、昼に催された会見を振り返りつつ、それまでの馴れ初めやコンビを組んでいる相方のことなどを話し、その相方やシンガーソングライターのゲスト出演もありながら番組は進行した。

時は流れ、リスナーからの手紙を読みながら、最後のモノローグの段となった。

「自分が幸せになったら、恨みつらみをぶちまけるような芸事で食ってる俺を応援してくれている人たちから、嫌われてしまうんじゃないかって。結婚が、怖くなっちゃって。不幸な自分で売ってきた自分は、幸せになることが、いけないことなんじゃないかって…悩んだことも、あったんですけど——」

息が、震えてる。宙から降る声は、少しずつ涙に染まっていった。

「このラジオのリスナーで、自分の店持った人がいるんですけど。きっと、俺が幸せになったら、みんな裏切られたって、なるもんね?って。僕が彼にそんな話をしたら、“僕はあなたをずっと応援しているし、その気持ちは変わりませんから。ボスの不幸目当てに、僕らラジオ聴いてる訳じゃないんで。好きな人できたら、気にしないで自分のとこ来てください。おめでとうって、言う準備はできてますから。絶対に、絶対に幸せになってください”って言われて。だから、俺も良いのかなって…幸せに、なって良いのかなって…」

隣で、「これ、俺じゃん…」とつぶやく声がした。瞬間、時がとまる。これ、俺じゃん。嘘だろ?そう繰り返しながら彼はゆっくりとカウンターに突っ伏して、泣き出した。「人生って、こんなご褒美、あるんだなぁ」「ずっとがむしゃらだったし、何も分からないことだらけだけど、ここまで来れてよかった」「こんなこと、あるんだなぁ…届いてたんだなぁ…」

その後、近くの公園でひとしきり話して、夜を徹した。「ほんとはお前と飲みにいきたいんだけど、違うよな。明日もがんばろう。お仕事がんばろう」

そうだよな。がんばろう。がんばろうぜ。


- - - - -


2019.06.07.追記:突然バズってて、正直あせってます。お店の方に取材が来ているようですが、店名の露出はご遠慮させていただいております。ですので、お店の特定などの情報の露出はお控えくださいませ。
流行り廃りの厳しい飲食店業界ですが、あのお店は彼の夢がたくさん詰まったかけがえのない場所です。僕は、彼にずっとその夢を叶えていて欲しいと願っています。身勝手なお願いごとではありますが、ご理解いただければ幸いです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貴重な時間のなか、拙文をお読みいただき 有り難う御座いました。戴いたサポートのお金はすべて、僕の親友の店(https://note.mu/toru0218/n/nfee56721684c)でのお食事に使います。叶えられた彼の夢が、ずっと続きますように。

良い週末を!
1449

佐藤 徹(Toru Sato)16g

こどもの医療機関でPR・Webサイト運営・ファンドレイジング(寄附あつめ)に従事. Living in PeaceこどもPJT(広報Gr).ほぼ日の塾4期生.

omoide

その時々に、思ったこと、考えたことを。
6つ のマガジンに含まれています

コメント10件

素敵な記事、ありがとうございます。泣きそうになりました。
暖かい気持ちになりました!
ありがとうございます😊
僕もこのラジオ聞いてましたよ
本当にいいお話ですね。顔も名前も知らない方のお友達、という遠い存在のエピソードなのに、なんだか泣けてきました。わたしもお仕事がんばろう。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。