見出し画像

【2/4】アジャイル型開発に最適な契約形態

主旨

日本はアジャイル型に向いていない
\(^o^)/

前の記事

こたえ

まず結論を申しますと、アジャイル型開発に最適な契約形態は、無期雇用契約(つまり内製)です。

「ナニイッテンダコイツ」となった方、あわてなさんな。
ほかぜんぶナシとは言っていないでしょ

アジャイル型開発の特性

まずはマニフェストに立ちもどりましょうね。

ウォーターフォールというのは開発方式の呼称ですが、アジャイルは開発方式の呼称ではありません。
同マニフェストが示すように、スタイルや方針や目標を表現する言葉です。

繰りかえしますね。
「アジャイル」は開発方式の呼称ではありません

改善し価値を高めつづけるため、変化をよしとします。
ある時点で不可欠とわかっている機能の実装を優先します。
先々を予測するのもたいせつですが、その時点の判断が優先されるので、とおーーくのことまで(わかりもしないのに)定義するのではなく、だいたい数週間程度先までを判断範囲とします。

エンジニアの気持ちになってみてください。
「よくわからないから、あとで変えればいいや。よろしく」と雑に実装を頼まれたら、どう感じますか?
変化をよしとすることはすなわち、必要だからこそ変更するのを意味し、事前に決めた内容より、そのとき現在の需要の高さに配慮するということです

はい請負契約消えたー

請負契約は、納品物がどんなものか事前に決めないと、なにを請け負ったのか、なにを請け負ってもらったのか、わかりませんね。
改善しつづけるアジャイルには向かないでしょう… Q.E.D.

決めながら進める(=雑に始める)のがアジャイルだと勘違いしている人がいるらしいです。
とくに営業フェーズで非合理的なことをしてしまうと、エンジニアたちが苦しみます。
炎上して過労に陥り、やがて取り返しのつかない事態になりかねません。
そういうの、もうやめましょう。
「まるっと〇〇〇〇万円。〇ヶ月間アジャイルでよろ」はやめましょう

派遣と準委任どうしようかー

無期の派遣契約はあまり一般的ではなさそうです。
更新の可能性があるとはいえ有期なら期限があります。
期限が決まっているなら、なにをどこまでやるのかを決めたほうが合理的ですね。
「この人はいついつまでしかいないのか…。なにをやってもらうと一番いいだろう…?」と考えるべきではないでしょうか。

全体的にはアジャイル型開発を採択しながら、開発対象の一部を切りだしてウォーターフォール的に進めるのはアリだと思います。

準委任契約に関しては、改正民法が発効すると「成果完成型」契約があり、あらためて弁護士の助言をじっくり咀嚼中です。
別途まとめる予定ですので、しばらくお待ちください

で、雇用契約?

時給か月給か、社保加入するかしないかは問われませんが、有期雇用か無期雇用かは問われます(理由は派遣の項を参照)。
つまり、無期契約があるのは一般に雇用契約だけなので、上述の結論を出したわけです。

以下に開発スタイルをざっっっっくりまとめておきます。

アジャイル型(月額制課金)

品質改善を優先し、その継続により事業運営を維持向上する。
期待している製品がいつできるか保証されないのが難点

ウォーターフォール(購入時課金)

事前の取り決めの実現度を優先し、その達成により、実現後の一定期間の事業運営を補助する。
想像した製品が期待とずれても保障されないのが難点

不確実な事柄に対する警戒心が強い日本人

「失敗してもいい」前提なんて、ないと思うんですよ。
失敗すんな圧がいくら高いとはいえ、アンチテーゼとしてそんな前提をつくる必要はありません。
ただ、失敗を予防する方法について、いっしょに考えてみませんか?

次の記事


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

Thanks! https://twitter.com/toruhjp

トル

事業企画/ITプロジェクトマネージャなど。ソフトウェア開発の契約前段階から適切にディレクションすることで案件が炎上するのを予防します。間違っていることより間違いに気づかないことのほうが怖いですw

ITプロダクト開発

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。