グーニーズの結論ーー今日もまりあさんは

その映画をみようと思わない理由に
「見なくてもなんとなく話がわかっちゃう」
という感覚があると思う。


僕とまりあさんはよく自宅で一緒に映画を見る。

まりあさんの方が映画に詳しく、「これみたい」というのも
よくチェックしているので、大体まりあさんのオススメを見ることが多い。


5年以上も前のこと。
付き合ってまもない頃だったと思うが、
ある夜、部屋で一緒に映画を見た。
その時は、めずらしく僕のオススメだった。

タイトルは、「グーニーズ」。
おそらく初めてオススメした映画ではなかっただろうか。


グーニーズを知らないということにも少し驚きつつ、
見はじめて1時間もたたない頃。

たしか、マイキーたちが
フラッテリーのアジトのようなことになっていた
廃レストラン(�だったか?)を訪れた頃だと思う。



まりあさん、寝てた。

映画好きと知っていたので、寝るとはびっくりした。


その日は冬で、外は寒く、
部屋のこたつが暖かく気持ち良かった。
5年以上も前のことだがはっきりと覚えている。

フラッテリー一味を見ずに寝た。チャンクも見ずに寝た。
チャンクの雄叫びは子守唄のように聞こえただろうか。
そういえばかーちゃんがチャンクをあやしながら子守唄うたってたな。


* * * * *


それから時が過ぎ、おそらく半年くらい前。
いつも通り「映画なに見ようか」という話になり、
思い出して「グーニーズ」と再び提案してみた。

あっさり却下したまりあさん、その理由がすごかった。

「大体わかるもん。「みんながんばった」って
映画でしょ。」


み、みんながんばったて・・・

あれだけ幼き頃の僕の心を熱くし、
「俺もデータみたいにお腹からワイヤー出してターザンしたい」
と思わせた映画に、なんつー結論。。。。

というか、みんながんばったって、アクション系の映画なら
大体その結論になっちゃうんじゃないか?


でも、なぜだろうか。
考えてみるとしっくりくるのだこの言葉。

「みんながんばった。ーーグーニーズ」

あまたの映画批評がとたんに無意味に思えてくる。
大げさに言えば、まりあさんはたった7文字で
おすぎを片付けた。ということになる。
(おすぎがグーニーズを批評しているかどうかは知らないけど)

それでもなんか悔しいので
「特に好きなキャラで「データ」ってのがいてね。。」などと
抵抗したところ、

「うん。みんながんばった。データもがんばった。
 シンディー・ローパーはよかった」

と片付けられた。
(シンディー・ローパーが出てくるオープニングは
あの時たしかに見ていた。覚えてるのそれだけか。)


もはやまりあさんが
「グーニーズ」を見ることはないのだと思う。

それはすこし寂しいが、
映画を見ずにバチンと結論(身も蓋もない結論だが)を
言い当てられたことには、少し、いい気持ちがした。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

今日もまりあさんは

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。