男のキャパシティ問題ーー今日のまりあさんは。

仕事柄(と、一概には言えないけど)、
忙しい時はとことん忙しくて、
暇な時はとにかくヒマ。ということがよくある。

去年の秋頃のこと。
それまで夏はまーまーヒマだったのに、
突然競合プレゼンの案件がひとつ入り、
その後加えて2つ同時に入ってきた。

全部締め切りは同じくらいの時期。
つまり同時並行。
一気に忙しいモードに切り替えつつ、
そうなると、家のことが大雑把になったり、
まりあさんネタを探すべくいじったりすること少なくなる。
平日はおろか土日も仕事優先、思考回路はショート寸前を迎える。

そんな感じで、
「プレが一気に入ってきてあーーーもうこれこれがこうで!」
と、まりあさんにてんやわんやになりながら近況を報告したところ、

「てめぇタマふたつしかついてないくせにプレゼン3つかよ!」

と、どういうわけかえらい角度でキレられた。
なかなかすごい啖呵だった。

なるほど、男のキャパシティは、下半身と同等ということか。
真理な気がしてくる。なにが真理だ。

あまりに予想外の返しにとっさに返す言葉など当然見つからず、
ケツの穴がキュッとしまったことは記憶に新しい。

しかし、その啖呵が効いたのか、
その3戦のプレのうち、2勝できた。
おかがえさまでタマの数は保つことができ、
会社的にも、期末の売り上げの伸びにどうやら貢献できたらしい。

と、書きながら思い出したが、
「タマふたつしかついてない『くせに』」と言われた。

ジャイアンの「のび太のくせに」も、
意図することは同じようなことなのかもしれない。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

今日もまりあさんは

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。