[全文無料・小さな詩]天人午睡

とことん
眠りにうつつを抜かすのだ
午後の白い光の中

安宿の
くたびれた寝台の上で
寝返りを打つきみは

悪夢未満の
寝心地の悪さが身に沁みて
脳の芯まで浸して

切りのない
寄せては返す自己否定の
波また波の珊瑚の浜を

いつか見た
砂漠の駱駝に重ね見て
奈落の底を仰ぎ見て

そうだ
まばゆい地獄へと昇ろう今こそ
微熱に包まれた背中には

かげろうの羽
光きらめかせ軽く風に乗って
重力のくびきを逃れて

おめでとう
おめでとう
ほんとにおめでとう
ほんとにほんとに
おめでとう

ついにうつつを
抜かし終えました
すべて抜き切りました
なにもかも
抜き去りました

地獄を越えて天国に堕ちて
煉獄に遊び極楽の修行も終了

ふと目を覚ませば
もう夕暮れ時のあかい光が
窓の外に溢れて

輝く命の
ぬくもりのただここにある
それでいいよと

それだけで
いいのだと心の底から精一杯
ささやいてみたのです

ささやくと
全身から力がふうと抜けて世界は
優しく夕焼けに包まれました

[有料部分にあとがきを置きます]

この続きをみるには

この続き:265文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
☆マガジン内の記事は全文無料ですが、このマガジンを購入していただくと、投稿時にお知らせが行くようになります。投げ銭がてらご利用ください。 ☆また、購入者の方だけがこっそりコメントできる隠れ記事も用意しますので、お楽しみください。

エッセイと物語の中間的な短めの作品を収録していきます。 不定期更新ですが、週1以上の更新を予定しています。 ☆マガジン内の記事は全...

この世界はみんなで見ている夢にすぎない。そこを出発点として。

または、記事単体で購入する

[全文無料・小さな詩]天人午睡

としべえ2.0β

108円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いつもサポートありがとうございます。みなさんの100円のサポートによって、こちらインドでは約2kgのバナナを買うことができます。これは絶滅危惧種としべえザウルス1匹を2-3日養うことができる量になりす。缶コーヒーひと缶を飲んだつもりになって、ぜひともサポートをご検討ください♬

キミはアルファにしてオメガだよっ。
16

としべえ2.0β

「としべえ」とお呼びください。 ☆全文無料・全力投球・投げ銭方式 2.0β++。 ☆瞑想好きの奥さんと二人、印度を中心にアジア回遊中。 ☆肩の力を抜きまくって、ちばりよーっ♪ ☆自己紹介→http://tinyurl.com/tbuuBdoor

小さな週末・不定期便

エッセイと物語の中間的な短めの作品を収録していきます。 不定期更新ですが、週1以上の更新を予定しています。 ☆マガジン内の記事は全文無料ですが、このマガジンを購入していただくと、投稿時にお知らせが行くようになります。投げ銭がてらご利用ください。 ☆また、購入者の方だけ...
1つ のマガジンに含まれています

コメント2件

私も先週末に、とことん昼寝をしました。起きたら、色々記憶が減っていて、一瞬違う次元に移ったかと思ったりしましたが、気のせいだとすぐに気づいてガク。
「それだけでいいのだ」と私もささやいてみました。(o^_^o)
今日はお天気がどんより…、ちょこっと布団が恋しい。(^^;
普段の意識が錯覚だったりもするので、違う次元を感じたのは、案外気のせいじゃないかも!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。