「おつとめ」の法話「因縁果」

※これは2018年2月17日に丸亀市の善照寺で行われた「おつとめ」というイベントの昼の部で話した法話の原稿です。大道芸人れもんのショーの後にお話をさせていただきました。

ここから原稿

いや〜れもんさんのショーすごかったですね!
この後の対談で詳しくお話を聞こうと思っているので、そちらもお楽しみくださいね。

さてさて、今日は仏教×パフォーマンスがテーマのイベント「おつとめ」という事で、お寺でパフォーマンスをしてもらったんですが、普段の法要では、お勤めをした後に法話っていうのが入るんですね。
法話というのはお坊さんの仏教のお話なんですが、今日はせっかくお寺にお参りにきてくれたので、少しだけこの法話も聞いていただきたいと思います。

今日は仏教の教えの中でも僕が特に好きな話、因縁果についてお話させていただきます。
因縁果って何かご存知ですか?
知らないですか、じゃあ因果って言葉は聞いたことありますか?

(「しってるー」みたいなのがあるはず…。)

因果は聞いたことある人も多いですね。
因果というのは、古い言葉のようですが、原因と結果の事です。原因の「因」と結果の「果」を組み合わせて「因果」と言います。
原因と結果はわかりますね。物事の結果には必ず原因があるんです。

例えば「花が咲く」という結果のためには、何が必要ですかね?
まず必要なのが、種がある事。
種がないと、花は咲かない。
花が欲しいと思っても、急にぱっと目の前に花が咲くなんて事はなくて、種という因があって、初めて花が咲くんです。

じゃあ、種があれば花は咲くのかというと、そうではないですね。

ここに種があるとして、どうしたら芽が出て花が咲きますかね?

(「土に植える」、「水やりをする」、「お日様に当てる」)

そう、そういう土とか、水やりとか、日光とか、そういうものがないと、種から芽がでて、育って、花が咲かないんです。

こういう土とか、水とか、日光とか、ちょっと難しく言うと「間接的な原因」が縁です。
種があるだけでは花は咲かないんです。そこに色んなご縁、土があって、水があって、お日様があって…みたいなご縁がはたらかないと種から花にはならないんですね。

これが因縁果という仏教の教えで、この種と花の話が僕は好きなんですよ。
この花と種の因縁果の話って、2つの意味があると思うんですよ。

ひとつは、自分は多くのご縁に生かされているという事ですね。

今日ここに来るだけでも、たくさんの因縁があって、辿り着いているわけです。まず、今日ここに居るためには、このイベントの事を知らないといけない。これもひとつの縁。
そして、ここまで来るのに車や電車なんかがきちんと動かないと行けない。これも縁。
風邪をひいてたら来れないから、健康でないといけない。これも縁。
そうやって考えきれないほどの縁によって、やっとこの場所にいる。
この場所に来ようと思っても、縁が整わないと来れないんですよ。なんか他の用事があったらこれんでしょ?


健康でいるためにも、たくさんの縁がいる。
自分はたくさんの縁のはたらきによって生かされているという事を知るのが、1つめの意味です。

もうひとつの意味はなんでしょう。
これは今から未来の話になるんですが、花を咲かせようと思ったら、種をまかないといけないという事です。

みなさんは夢とか目標とかありますか?
夢や目標が花だとしたら、それを叶えるための種をまかないと、いつまでたっても花は咲かないんです。いくら栄養たっぷりの土があって、水があって、日光があっても、種がないとそこに花は咲かないんですよ。

テストで良い点を取ろうと思っても、鼻くそほじってるだけで良い点は取れないでしょ。
やっぱり「勉強をするという種」がないとテストで点は取れない。
今日はジャグリングされている方多いので分かると思いますが、ジャグリングが上手くなるためには、練習しないといけないんです。

種をまいても花は咲かない事もあります。思ったとおりの花が咲くなんて事もないかもしれない。台風が来たり、日照りで枯れてしまう事もあるでしょう。
それでも花を咲かせたいなら、種を撒き続ける事が大事なんです。

このイベント「おつとめ」も僕にとっては種まきのひとつです。お寺の事を知ってもらって、今後おもしろい事が出来たらいいなという花、パフォーマーやジャグリングの事も知ってもらいたいという花、あわよくばこの中から次世代のパフォーマーが出てきてほしいなんていう花も咲かないかな〜と思っています。

もしかしたらそうなるかもしれないし、ならないかもしれない。
それはご縁によるものですから、分かんないです。
でも、種をまかないといくら環境が整ってても花は咲かないんです。

だから、種をまく。いつか何かしらの花が咲くと信じて種をまく。

この因縁果の話は、「自分のいのちってたくさんのもので支えられて生かされているね、ありがたいね」という事でお話される事が多いのですが、今日は若い方も多いので「これからをどう生きるのか?」という話もさせていただきました。
どうかみなさんも、因縁果という事をひとつ覚えて帰ってもらって、なにか夢や目標に向かって種をまいていただければと思います。

本日はどうもありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2

とっしゃん

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。