[From organizational theory ,,,. Mission instruction . ]                       任務指示に対する拒否権。

とある特定される組織内において、任務指示に対しての「拒否」の発動は認められるべきであり、「それでも・・・。」と述べられる場合においては従うべき場合が多い。そういった場合の「始め・・・。」の頃は「耳を塞ぐ」べき時が多いと思われる。油断は大敵であり、変化の様相が見られない組織には未来発展はナイ。(組織論より・・・。)

A specified organization, the “rejection” should be allowed to a mission instruction, and in many cases it should be followed when it is stated “still so …”. In such a case, it seems that there are many times when you should “close your eyes” at that beginning of “. Carelessness is a great rival, and future development is not good for organizations that do not see changes. (From organizational theory ...)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

TOTI

初めまして。。。TOTI(ラヂオネーム:トッティ)と申します。 ※気さくな友人が欲しいなぁ!(フォローコメント等是非よろしくお願いします。) ※文書作成力向上目的!と ※ネットワーク通信を便利に使いこなしたいっ!と思っています。 よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。