1-2話:重なるタイミング

——————
日本と中東でスタートアップしています。
会社の創業ストーリーを連載しています。

1話:創業前夜
1-1話:すべての変えることになる「筋肉」と「ブログ」
1-2話:重なるタイミング ※このノート
1−3話:再会(coming soon)
——————



人生は不思議なもので、何かが動き出したときには他の何かも動き出すことがよくある。

不思議と、普段起こらなかったことが起こる。
それも同時多発的に。

このようなことは、僕は今まで何度も経験してきて、今でもよく経験する。

勘がいいのか、呼ばれてるのか(ただのこじつけか)わからないけれど、たまたま連絡した友達が助けを求めてたり、自分が探してたような人から急に連絡をもらったり、ずっと探してたものが見つかったり、今まで合わなかったタイミングが急に合ったり。

とにかく、そういう不思議なことが節目のタイミングでよく起こる。

体と態度のでかいおっさんとの出会い

この時期、僕は以前在籍していた某口コミサイトの同僚から、出戻りを打診されていた。

僕の在籍当時とは状況は一変していて、会社はとあるレシピサイトの傘下に入っていた。
経営陣も刷新されていて、僕の知らない社長に変わっていた。

「まあ、話ぐらいなら聞いてみようかな」

今の仕事は少しは良くなってきていた時期で、でも馴染みきれない自分にも嫌な気持ちあった時期。

古巣がどうなっているのかという多少の興味と、外の世界を見てみたい気持ちで、1年前に退職した古巣の社長に会うことになった。

在籍当時とはずいぶん変わった新しいオフィスの、小奇麗な会議室で社長を待つ。
昔の同僚が何人か顔を見せに来てくれて昔話をしていたら、その人は入ってきた。

骨格のよさそうなでかい体格に小奇麗な格好で、めちゃくちゃ偉そうに入ってきた。

(おお〜、迫力ある人やな〜)

とも思ったのもつかの間。
就職活動依頼のディスられ面談が始まった。

・前いたときなにしてたの?
・前いたときの営業スタイルは?
・今何してんの?
・今何ができるの?

のような質問を矢継ぎ早に大量に浴びせられ全てに答えたが、すべての質問に対する回答に最後は必ず「そんなんじゃ全然ダメだね」という語尾で返された。

「なんやねんこのクソムカつくおっさん」

と思いながらも話を続けて、最終的には筋トレの話になりブログの話にもなった。

ようやっとサイトが作れて更新し始めたところだって言ってるのにやれデザインがどうとか、その時の自分にはどうしようもできないところをとにかくダメ出しされまくる。

あまりにもムカついた最高の一言

挙句の果てに筋トレ自体も否定されこめかみあたりがピクピクしてくる。

(うるせー)
(知らんわ)
(じゃあやってみろボケ)
(世が世ならこの場で斬るぞ)

と思いながら可能な限りニコニコして受け答えを続けた。

その後は、いつ帰ろうかなと思いながら話を聞いてたのだけど次に言われた言葉が僕を更に変えることになる。

「とりあえずさぁ、その感じじゃウチでできる仕事ないわ。今のその微妙なブログで暮らせるぐらい稼げるようにでもなってみなよ。そしたらそんときまた話聞くわ」

(おい。俺はお前んとこの社員に戻ってきてくれと言われて今日この場に来てるんだぞ。その言いぐさは何だ)

と一瞬思ったものの、正直その人の言う通りだということは、悔しいけれどすぐに理解できていた。

要は、自分には突き抜けたものが何もない。

辛い経験をしてもう一度頑張ろうとしてるだけのただの人で、ここから何かをやり遂げて初めて土俵に上がる権利が与えられる。
自分はまだそういう段階だ。

本当に悔しいが自分自身で腹落ちしてしまった僕は、

「絶対にこのブログで稼いであとでごめんなさいって言わせてやる」

と思いながら、古巣を後にした。

後から思い返すと、この時この人に出会ってこれを言われたことは確実に僕を変えるキッカケになっている。

当時はムカつきすぎて、ケツ蹴っ飛ばして帰ってやろうかと思ったけど、言われたことはほぼ事実だった。
実は、1話で少しだけ触れた「ただのノリ営業」というのもこの人に言われた言葉で、20代も後半になったらコンサル営業がきちんとできるようにならなきゃダメだと助言も頂いていた。

「このキャラでこの感じなら、そりゃ若い時は気に入られて営業もとれるだろう。でも年とったらそれじゃダメ。経営目線で話して導ける営業になりなさい」と言われたのである。

悔しいが全て事実で、ここから僕は経営に関する本や決算書を解説した書物、マーケティング本やビジネスモデルを解説したブログやニュースなどを読み漁るようになる。

結局、それがブログにも本業にも生きたわけで、果ては今につながったわけで。本当のところはすごく感謝してる。
もしもう一度会う機会があったら、あの時はありがとうございましたと伝えたい。(後に話の中で僕と約束した『株価を上場時まで戻す』って約束はどうなりましたか?ももちろん聞く)

この頃になると、一度沈みきった自分の気持はもう忘れ始めてた。

人からどう見られるかとか、どう思われるかとか、そういったことは一切気にならなくなり、いかに結果を出して見返すかばかりを考えていた。

そんな時に、またしてもその後に大きく関わる出来事が起こることになる。


1-3話:再会
に続く

一つ前のノートはこちら

1-1話:すべてを変えることになる「筋肉」と「ブログ」


↓twitterやってます。駆け出しです。フォローしてくれると嬉しいです。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートしていただけると喜びます!サポートが溜まったらサポートしてくれた人を集めて焼肉食べに行きたいですね。 noteとtwitterのフォローも是非お願いします!

そのスキの分だけ頑張れます。ありがとうございます!
15

野良起業から世界で戦うノート

日本と中東でビジネスを展開しています。(サウジ、UAE、カタール、ドバイ、etc)。調達0の野良起業・年商12億。某口コミサイト→上場→某ニュースアプリの会社で3年間広告事業→起業→2018年10月から3期目。資本金を3000万に増資して中東事業の拡大に挑む。

【創業2年・年商12億】未調達で創業からここまでを振り返る

日本一勢いのあったであろうスタートアップで全てに絶望。 自分の将来を一時は諦めてから、自ら道を切り開いてきた2年間を振り返る。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。