見出し画像

セックスマシーン!! リリースTOUR2019 『夜を超える』@広島CAVE➖BE

思えば去年、打首見に行った熊谷で秒で心を鷲掴みにされて、今年、打首のツアーでCD買って帰るまでにハマったセックスマシーン!!
猛スピードで更に加速して気づいたら広島にいました。

初めてのライブハウスってワクワクが止まらないですね。
プレイガイドで取ったので先行入場で前方キープ近い近い。

最初のバンドは地元のTheラストボーイズ。おもちゃの刀を手に元気に飛び出してきたボーカルさんがとにかく熱い。「みんなの未来を切り開く」という事で刀、なるほど♪
ジャージを脱げば、愛犬の柴犬シンゴのTシャツ(かわいい)。セクマシのモーリーも昔柴犬飼ってて名前もシンゴだったとか。
個人的に新曲が凄く好きです。

次はアシュラシンドローム。
亞一人くん髪切りましたね、ライジングも目前だし、気合い入ってる。そしてステージ上での色気が凄い。
MCで喋る時に訛りが出るのもいいなぁ。
山の男〜のイントロで亞一人くんがいつものようにハンドクラップを求める時にナオキさんがTheラストボーイズが使ってた銃(おもちゃ)を亞一人くんに突き付け、それに気づいた亞一人くんが「えっ!!何それ!?」といいリアクションしてたw
しかし、ナガさんの笑顔もナオキさんのスラップとムキムキな腕も、カズマさんの安定感も、亞一人くんのフロントマンとしての魅力も全部ひっくるめてあの空間にぎっちり詰まってた。

三番手は挫・人間。結構お目当ての方が多かった印象。ライブはもう色々含めて衝撃的だった。ガッツリ引き込まれて、ライブ終わっても下川最強伝説が頭から離れない始末。後日ブログとオフィシャル見たらますます興味を持ち、また見たいバンドになりました。

私的感想として今回のセクマシ含めた4バンドに共通するのは初見を決して置いてきぼりにしない事。 フロアを巻き込んで盛り上げるのが本当に上手い。いい対バンに当たったなー。

そしていよいよセクマシ。目の前の最前バーが空いたので、ちゃっかり入ってしまった。
もうセッティングの時点で近い。生声が聞こえる距離。
てか日野さんの髪の色が黒い? ステージ暗転してるから気のせいかと思ってたけど、始まって見たらやっぱり黒髪!!! キュン死どころかキュン即死。
1曲目で一気にセクマシの色に変えてしまうのはさすが。モーリーの破顔がフロアに伝染していく感じ。
近藤さんのジャンプ力凄い。何度か見たけど綺麗な飛び方で絵になる。
君を失ってWOWで普段ライブハウスの外に脱走するモーリーですが、諸事情により今日はフロアで「ケーブルに触ったら死ぬぞ」と謎のデスゲーム(日野さん談)開始そして即終了w
そしてすぐさまフロア全員でケーブルを捌くという謎の現象が発生。
アルバムのリリースツアーなのでもちろんアルバム曲もやるわけで、頭にやったウッドストック2019、夜の向こうへ、モーリーが曲前に「長生きしてください」と言葉を添えた夕暮れの歌。
ツアーのタイトル「夜を越える」は「生きる」ということ(私的見解)。生きている事を実感して、今もうダメだと思ってもまだいけるかもと思えてくるそんなライブ。
長生きしてくださいと言っていたのにアンコールの曲が死んじゃって頂戴っていうw ただこの曲のかっこよさとステージ上の4人のかっこよさにロックオンされてセクマシ好きだー!!って叫びたい衝動に駆られた。
アンコール1曲だけといいつつ曲終わってからモーリーの鍵盤から昨日のつづきへ。
ライブまだ終わってないのに、昨日のつづきの歌詞の心境になってしまった。
あっという間に曲が終わってライブ終了。

物販でようやくゲストボーカルTシャツを手に入れた。物販に出てきたモーリーは物腰が柔らかいなぁ。着てたTシャツがかわいかった。

アシュラの物販でようやく青ばんを購入。一旦販売終了との事なので大事にいただきます。

この後日野さんも出てきたけど、タイミング悪くて行けなかったのでさっさと諦めてライブハウス出ました(泣)。
外に出たら前からアシュラのナガさんが歩いて来たので、すれ違いにちょっとだけ声かけさせていただきました。ライジング頑張ってください♪

そんなわけ次回はHEAVEN'S ROCK熊谷に続く。

#ライブの感想 #ライブレポ #遠征 #セックスマシーン!! #アシュラシンドローム

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

桃月

ツイッターだとあまりダラダラ書けないので、ここで好きなものをガッツリ語りたい。持病の膠原病の闘病日記的なものも。 音楽(ライブ)、野球(ライオンズ)、CUE(NACS)、水曜どうでしょう等、無節操万歳。

ライブレポート

行ってきたライブの感想をぼちぼちと。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。