見出し画像

千葉シティエクストラ ベスト8 ロンゾロ

ご覧いただきありがとうございます。とっつーです。最近いざこざがあって複数の名前を使っていましたが結局とっつーで今後も通していくことになりそうです。

さて、今回ですが5月26日にトウキョーベイで行われたシティリーグエクストラにて予選4位通過、最終戦績ベスト8という大きな大会で初めて結果を残すことが出来たので反省や感想を記録しておくという意味で記事に残しておこうと思います。エクストラのデッキレシピとかプレイングはあまり出回らないと思うのでこれから来年度のWCSに向けてエクストラを始めたいという方にもわかる様な記事にしたつもりです。拙い文章ではありますが最後まで読んでいただけると幸いです。

追記:書き始めてから思ったのですが僕自身そこまで上手いプレイヤーだと思ってないのでお前より絶対うまいわって思ってる人は優しい目で見てください。

この記事は投げ銭型になっていて、今回のデッキについての記事は全て無料で見ることが出来ます。最後に投げ銭してくれた方へのおまけとして今回のシティリーグの環境を見ておもしろいと思ったデッキや、自分で使いたいと思ったデッキなどを紹介しておこうと思います。あくまでおまけレベルなので期待はしないでください。

目次

1.事前環境考察

2.デッキ選択と解説

3.当日のマッチアップ

4.対戦環境の感想

5.終わりに

1.事前環境考察

まず、自分の周りではごく少数の人しかエクストラやっていなくて実際の環境がどのようになっているのか把握するすべがありませんでした。なので自分の知っているデッキやTwitterなどのエゴサで出てきたデッキでtierを組んで環境を予想しました。それがこちらになります。

tier1

ゾロアーク系統、レシリザ、超越

tier2

ゲコゾロ、マッシダスト、エビナンス

tier3

サナニンフ、アオギリ

今までのトレリなどでレシリザのパワーに負けることが多かったこと、そのレシリザをアクアエフェクトで倒せてオールラウンダーなゾロアーク 、先行取れば勝てる超越がtier1、身内が使ってて強かったゲコゾロ、ゾロアーク に強いマッシダスト、多くのデッキに刺さるエビナンスがtier2、展開が遅めで一旦場が完成すれば強そうなサナニンフ、使ったことないが難しそうなアオギリがtier3と起きました。

2.デッキ選択と解説

上のtierを参考にtier1からレシリザはゾロアークにアクアエフェクトやNゲーされるだけで厳しそうなので×。人にされたら嫌なことはしてはいけない(戒め)と思ったので超越も×(でもソリティアは大好きマン)。自分の知らないデッキにも対応できる応用力があり、マチス+N+αで逆転を狙いやすいこと。回したことがあってそこまで練習しなくても勝てるかどうかはともかく回すことはできるゾロアークを今回は選択しました。

そして最終的に完成したデッキがこちらになります。

全てを紹介していると長くなってしまうのでこれからエクストラを始めようと思っている人達の為にスタンではあまり見ないカードや当日活躍したカードに絞って解説していきたいと思います。

追記:書き終わってから見返すとエクストラをやっていない人向けの話がかなり長くなってしまっているのでエクストラを既にやっている人は飛ばし読み推奨です。

ゾロアークGX 3枚

ロンゾロなのにゾロGX3枚。今思えば抜きたいカードはあるのですが、メタや妨害カードを抜いたから負けたというのをつい最近経験したのでこうなりました。

ゾロアーク (なりかわる)

エクストラにおいて採用されるゾロアークの1匹。軽石をつけることで好きなポケモンに入れ替わることが出来ます。マインドジャックがニコタマ対応で相手のウソッキーを倒せるので便利です。

マーシャドー(リセットホール)

前日まで入っていませんでしたが当日身内の助言で入れて結果活躍しました。無人発電所を剥がす、レッドナックルでマッシブーンを倒す、とりあえず置いてライオットビートの打点補助をするなど腐ることがないカードでした。

エフェクトブイズ

ゾロアークに水or雷タイプを付与してくれるカード。それぞれレシリザと三鳥を意識して入れていましたが今思うと三鳥はどうやっても勝てないと思うので当たらないにかけるべきでした。レシリザには初ターンでアズサからメタモンとイーブイ両方起きたいのでイーブイも含めて採用しました。

シェイミEX

セットアップでベンチを埋めながら手札補充が1ターンに何回でもできるパワーカード。ゾロアークがまだ立っていなくてもハイボで持ってくるのはこちらの方が多い。体力が低いので相手にウソッキーを置かれたり、スカイフィールドを割られた時は優先してトラッシュする。

ウソッキー(みちをふさぐ)

スタンではあまり見なくなりましたがエクストラではとても重要なカードの1枚です。エクストラではゾロアークGXのライオットビートがハチマキ込みで210点まで出るのでウソッキーで相手の打点を減らしたり、アビスハンドのオクタンやヤレユータン、ジラーチを置くデッキやシェイミEXでデッキを回してくるデッキのベンチを圧迫することで展開を遅らせることが出来ます。マリガンで相手の手札を見たり、超越と判断できるようなポケモンスタートだった場合アズサでとりあえずおいておいた方がいいです。

タマタマ(ぞうしょく)

エクストラの闇。テキストには1ターンに1度と書いてありますがトラッシュにいけば何回でも使うことが出来ます。

これを使うことでゾロアークで無償2ドローしたり、無償ハイパーボール、無償パソコン通信などずるいことが出来ます。3枚採用したかったのですが枠の問題で2枚に。3枚入っていれば軽くベンチに置いて打点補助と行きたいところですが2枚なのできちんとサイド落ちとトラッシュに1枚あるかを確認してから置きます。

バトルサーチャー

エクストラにおける基本カードです。スタンのハイボやネストくらい基本中の基本です。基本的にエクストラのデッキでサポートのピン刺しが多いのはバトルコンプレッサーなどで序盤のうちに落としておけばサーチャーで回収して最大で4回まで使えるので多投する必要性が低いからです。

時のパズル

基本的に手札に取っておいて中〜終盤に下の回収効果を使います。これとバトルサーチャーを併用することによってマチスの作戦が使いやすくなります。打点が足りない時にタマタマ以外の種ポケモンを回収することもあります。

バトルコンプレッサー

序〜中盤はタマタマを最優先で落として次にサーチャーで回収したいサポートを落とします。終盤はデッキ圧縮するときもありますが手札のカード次第で自己LOもあり得るので使わないこともあります。

かるいし

スタートしてしまったテテフなどのポケモンにつけたり、なりかわるゾロアークにつけることで好きなポケモンに入れ替わることが出来ます。

パソコン通信

デッキに1枚だけ入れられるACE SPECというスタンでいうプリズムスターの様なカードです(プリズムスターは1種類のカードを1枚しかデッキに入れられないというルールですがACE SPECはACE SPECのカード全ての中で1枚しかデッキに入れられません。)。ハイボと同じコストで好きなカードを持ってくることが出来ます。(ヤベーイ!)さらにタマタマのぞうしょくを使うことで無償で使うこともできます。(スゲーイ!)さらにプリズムスターと違ってトラッシュに行くので時のパズルで再利用可能です。(モノスゲーイ!)ハイパーボールで持ってこれないグッズやニコタマ、スカイフィールドを優先して持ってきます。

アズサ

ウソッキーを持ってこれるウツギの互換、大好きクラブの上位互換。手札ではなくベンチに持ってくるので持って来たいのがないからといってタマタマを選ぶのはやめましょう。パターンはだいたいゾロゾロメタ、ゾロメタイブ、ゾロゾロウソのどれかのことが多いです。

オカルトマニア

特性を1ターンなくすだけで試合はだいぶ変わります。打って有効なデッキと無効なデッキと打っても間に合わないデッキがあります。自分のポケモンの特性も消えるのでとりひきやぞうしょくを使う前に打ってしまうと自分が止まってしまうので打つタイミングは技を打つ直前がオススメです。

プラターヌ博士

初ターンの事故のリフレッシュや超越に手札を枯らされた時に使うと強いカードです。進化デッキだとポケモンが流れてしまうことが多いので少なめ。

N

スタンのリセットスタンプをお互いにやるサポートです。テテフから持ってこれること、バトルサーチャーで複数回使いやすいこと、ドロサポが少ないのでいざという時のドローソースにするためにNを採用しています。

センパイとコウハイ

倒された返しに必要なカードを自由に持って来れる強いカード。マジでそれしか書く事ない。

マチスの作戦

ゾロアークGXのとりひき、バトルサーチャー、時のパズル、テテフなどでサポートを持って来やすいのでセンパイコウハイで盤面を作ってからNで相手の手札を流したり、Nとオカルトマニアを同時に使って相手の逆転の目を潰すなど応用力は入れるサポートによって無限です。

ゲーチス

グッズに頼ったデッキを妨害してかつ自分はドローできるヤバいやつ。エクストラはサポート回収手段がサーチャーに頼っているのでゲーチスされたタイミングにサポートを持っていなければそこで終わりの可能性もあります。これもマチスを含めて使えると強いです。

スカイフィールド

サポート紹介がまだ終わっていませんが先にこちらを紹介した方がわかりやすいと思います。これによってゾロアークの打点が素で180点まで出る様になります。ハチマキ込みで210点まで出るのでエクストラのゾロアークミラーはルガルガンなしでもワンパン合戦になります。

アクロマ

上のスカイフィールドがあると自前だけでも8枚、相手も展開してくるデッキなら最大16枚引くことが出来ます。実際決勝トナメの相手の人は15枚引いててお互いに爆笑してました(笑)

3.当日のマッチアップ

予選

1回戦ラッタ 6-4○

初戦から知らないデッキでした。簡単にいうとラッタのいかりのまえばが相手のバトルポケモンの体力を10にするので毒催眠光線、戒めの祠で気絶させてくるというデッキです。知らなすぎて弱点がわからなかったのでとりあえず相手のサイドが2枚になった時点でN +ゲーチスでハンデスして相手を止めたら勝てました。何気にラッタの逃げエネが0なのもえらい。決勝トナメには恐らくどくのすのアリアドスと組み合わせた型がいたみたいですね。

2回戦ゾロダスト 6-3○

相手が最初事故ってた様なのでゾロアが進化しない様に潰していきました。相手のサイドが3枚の状態で前の非エク倒すか後ろのGXEXを倒すか迷った場面があったのですが非エクを倒すと次のターンに相手にウソッキーを置かれた時のことを考えるとNされた後の必要札が多すぎると思ったので、最悪後ろにニコタマを付けたゾロアークGXが2体育っていたのでグズマで後ろの非エクを倒すだけで良くなるのでグズマでGXを倒しました。案の定Nとダストオキシンのダストダスが立ってロックされてしまい5-2に。そのままロックされたままターンを返して後ろのウソッキーが倒されて5-3に。しかしこのターンにダストに付いていたクレッフィが外れたのでとりひき+ぞうしょくで相手のゾロアークGXを倒す打点が揃ったのでライオットビートで勝ちました。

3回戦超越ガブギラ 0-1×(種切れ)予選1位あーいうさん

見事にハンデスされてしまいましたがこちらも先行取って初手ゾロアしか出せなくてドロサポもなかったので負けるべくして負けた運の無い試合だったのかなぁという感じです。

4回戦超越ガブギラ 6-?○(忘れました…)

上とほぼ同じ構築で違いはスカイアローブリッジを張られたことくらいでした。先ほどと違い先行アズサでゾロゾロウソを並べられてハンデス後すぐにゾロアークを引けたのでこちらが普通に回り出したので勝てました。思ったんですけど超越相手の感想って書くこと少ないですね。

5回戦モクナシラフレシア 6-3○

この型は自分も構想したのですが割と異質な構築で自信が持てなかったのとレシリザが多いと思っていたので採用を見送りましたが実際にほぼ同じ型で使われているのを目の前で見れて少し嬉しかったです。試合展開としては相手のイライラかふんのラフレシアが立つ前にこちらがゾロアークGXを立てることが出来たのでほぼ一方的に試合を進めることが出来ました。無人発電所を張られた時にマーシャドーが既にベンチにいたのですぐにケアすることが出来ました。

本戦

1回戦ルガゾロ 4-6×

今回のシティで一番悔しくていい試合でした。初手事故気味だったのですが先行で相手がテテフからNを使ってくれたので後攻でアズサゾロゾロウソから展開することが出来ました。(試合後に聞いたのですがアズサだと手札的に次のターンの展開が出来ないこと、プラターヌを採用していなかったことからNを使ったそうです。)相手もルガルガンを立ててきてこちらのゾロアークGXが倒されて6-4。こちらもスカイフィールド込みで210点出してオカルトマニアを使ってルガンを倒して4-4 。しかし、オカルトマニアを利用されてベンチ埋めてからのアクロマで15枚ドローからのライオットビートでゾロアークGXが倒されて4-2。これはもうNは確定で使うしか無いのでマチスからのオカルトマニア+Nで相手のハンドを2枚にして取引も封じてから相手のゾロアークGXを倒して2-2。トップで相手が先輩後輩を引いてきてルガン立てられてゾロアークGX倒されて負けでした。正直やることはやって負けたのでうむむむむmmmmmmって感じです。

4.対戦環境の感想

やはり自分のエクストラの考察と情報が得られなかったのもあって自分が思っていたものとはかなり違った環境となっていました。具体的にはゾロアーク系統と超越ガブギラがtier1でそれ以外は有象無象レベルに散らばっていたという感じです。そして決勝リーグに残ったデッキですがゾロアーク3、サナニンフ1、レシリザ1、ラッタアリアドス1、超越ガブギラ1、カエンジシヤミラミ1と予想できたものから意外なものまでいますね。

超越結構勝ってた気がしたのですがオポの関係ですかね。大阪準優勝のパンプジンダストやラッタが一定数いたことを考えると非エクで相手を確実にワンパンしていくというのが今後のエクストラの非エクデッキの流行になっていくんですかね。

一番気になったのはヤミラミですね。確かLOデッキだったという予備知識は持っていたのですが実際にはカエンジシが殴ってくるそうですね。エクストラはお互いのターンが長い風潮があるので時間が足りないということでしょうか?あと予選で多かったゾロアーク、超越ガブギラのどちらにも有利を取れているとは思わないのですがどうなんでしょうか?恐らく相当練習を積んで今回のシティに至ったのだと思います。

さて自分はというとこのデッキタイプの中でなら充分優勝できるポテンシャルがあったと思うのでそれだけに自分のプレイングや知識が足りなかったことが残念です。

5.終わりに

今回のシティはエクストラの環境を学びに行くという目的でベターなゾロアークを握っていったのですが結果上位に入ることが出来て嬉しかったです。しかし、この超越が横行している環境でどれだけの人が対戦そのものを楽しめているのか疑問です。次にエクストラの環境に触れる時はそれに対しての改善がされていることを願います。

最後にはなりますがここまで読んでいただきありがとうございました!

おまけ

この続きをみるには

この続き:231文字/画像1枚

千葉シティエクストラ ベスト8 ロンゾロ

とっつー

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6

とっつー

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。