ショッピング・モールには生活がない

ショッピング・モールには「生活の場」がありません。「売る」に特化しているからです。なかにはマンションと併設、あるいは近接している施設もありますが、ショッピング・モールは夜になるとゴースト・タウンです。かつての繁華街には店主家族の生活がありましたが(僕が子どもの頃にはヨコハマの元町にも銭湯がありました)、ショッピング・モールに「店主」が暮らしているわけもなく(店主さえ不在で)スタッフのみなさんは、それぞれの自宅に引き上げていきます。マンションが近接しても、こうしたことに変化はありません。

ショッピングだけでなくビジネスに特化した街も、夜はゴースト・タウンです。街路も厳しく管理されていることが多く、屋台を出すこともできませんから、夜ともなれば人の温もりを感じることはかなり難しくなります。ホームレスな方が仮眠をとっていたとしても、すぐに追い出されてしまいます。

ショッピング・モールやビジネス街が都市を席巻していけば、それだけ街の夜は、もの淋しい空間になっていきます。自明の理です。

「人が暮らしている」はずの住宅街も寂寞とした空間です。その寂寞さが人の命を飲み込んでいくようです。みなセキュリティを重視した密閉箱のような住宅に暮らす核家族ばかりだからでしょう。

在来の交通機関の利便が悪く、なかなか地区外に出にくい街には、東京の都心でも旧くからの商店街が残っていたりします。縁側のある住宅も散見できます。マンションがあっても高さ制限があって、比較的、低層です。もちろん通勤は不便です。でも空は広くて、近所づきあいができる。

つまり、なくはない…いや、実際に、かつてのような街は、まだ「ある」んです。そういうところが残された楽園かな。

そんな街から、敗戦後を始められたらいいですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5

towniewalker

たいてい一人で散歩しています。家に帰れば奥さんと「二人ぼっち」。でも、この「ぼっち」が気に入っています。「街」が好き「街」が仕事でもあります。2010年、脳出血で右麻痺残、散歩はリハビリの日課でもあります。大学は芸術学、大学院は公共政策学(修士)。61年、東京生まれヨコハマ育ち。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。