任せられない上司は、「上司」をやめなさい

職場の中で部下を上手に使って仕事をこなしていくタイプの上司と、自分がバリバリ仕事をして部下に仕事を任せられないタイプの上司があると思う。

実は部下に仕事を任せられないタイプの上司は、上司の役割を果たせていないのである。部下を育てるのも上司の仕事の1つ。これができなければ上司の立場を譲ることを考えたほうがいいのかもしれない。その理由とは・・・?

部下に仕事を任せるくらいなら自分でやる!?

部下に仕事を任せると、最初は「仕事が遅い」「求めているクオリティよりも成果物のクオリティが低い」など葛藤があるはずだ。

そりゃ今まで自分がバリバリ仕事をこなしてきた人なら余計にそう感じる。

だからと言って、部下に任せず自分が全てやる。そこまでしないまでも、やり方から進め方まで逐一チェックして、報告を求めている人もいるのではないだろうか。

実は短期的に見ればこちらの方が効率がいい場合が多い。仕事がさっさと進むからだ。

部下に仕事を任せられないのは「自分の部下育成が無能だ」と言っているようなもの

部下に仕事を任せられず、いつまでも自分が抱え込んで仕事をしている上司は実は会社としての評価は低い。

それは自ら、部下育成の能力が低いと周りに知らしめているようなものだからだ。

上司ともなれば、部下を育成するのは大きな大きなミッションの1つ。それができていないとなれば、会社からの評価が低くなることは当然のことであろう。

自分一人でやる仕事量には限界がある

自分がどれだけデキる人間かは分からないが、せいぜい一人の人間がこなせる業務量は、3人分くらいまでであろう。

しかし部下を育てられれば、部下の数だけ仕事を進める力がチームとしてついてくる。部下に仕事を任せられない、という上司は仕事をチームで考えていないのだ。

個人で見れば能力は高くても、部下を育てられない上司。能力は低くても部下を上手に育てる上司。

会社として、チームとしてどちらがトータルで業績を上げられるか、と言えばもちろん部下を上手に育てられる上司であることは言うまでもない。

部下に仕事を任せて自分は進捗と管理を

仕事を自分が抱え込んでしまっている方、これからは部下に仕事を任せてみてはいかがだろうか。

しかしここで気を付けねばならないのは、丸投げではどうしてもうまくいかない、と肝に銘じることだ。

仕事を部下に任せる際、仕事の進め方ややり方は示してやらねばならない。上司であるあなたは、仕事の進捗管理や、進め方、成果物が適正なものなのかをチェックしていく。

仕事を片付けるだけが上司の仕事ではない。部下に任せて会社全体の業績を考えていける上司にならねばならない。

もし部下に仕事を任せられなければ、あなたは上司という立場を後進に譲るべきである。なぜなら「任せられない上司」なら上司たる資質が欠如しているからだ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

とや@人財育成コンサルタント

仕事は上司と部下が存在します。その上司が機能していないと部下が生きません。「上司」としての立場にあるあなたは、本当に正しい上司たる姿で仕事をしていますか?

「デキる先輩・上司」になるにはこれをしろ!

デキない先輩/上司に囲まれて地獄を見た新人時代。そして今は中間管理職として当時を教訓にして職場環境の改善と育成に奔走している。上と下、それぞれから見た景色から、仕事とはどうあるべきか、仕事はどうすすめるべきか、を綴るマガジン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。