あなたの会社の朝礼は意味があるのか?

多くの会社が行っている朝礼。あなたの会社は朝礼がありますか?この朝礼ですが、意味がある朝礼になっているでしょうか。実際に朝礼で何をしているのか、仕事の生産性を上げる要因になっているのか、ちょっと考えてみてください。

朝礼で仕事の区切りは必要か?

朝礼をする意味ってなんでしょうか。心構えや社訓を読み上げるような精神論的な意味合いのもの?

それとも仕事のスタート!として区切りをつけるもの?

はたまた一日の始まりを朝礼で気合を入れる?

あなたの会社では朝礼をすることで、どんな狙いがありますか?すぐに答えられる上司の方々はどのような意味があるのでしょうか。

そして朝礼の狙いを答えられない上司の方もいらっしゃるでしょう。

例えば朝礼で、業務の進捗や一日の流れ、ミーティングや引継ぎなどを兼ねている、という目的がある朝礼は有意義なものでしょう。その朝礼には目的があるからです。

そしてもう1つ、「昔から続いているから」「社長が話をするだけ」「社訓を読むだけ」これでは朝礼の目的がありませんよね。

慣例的にやっているだけのことならば、それに付き合わされる社員の方もその時間を使って電話の1本もできたでしょうし、作業の手を一時止めなくてもよかったのかもしれません。

社員が「朝礼は無いと困るな」と感じていなければもしかしたら無駄な朝礼になっているのかも。

無駄な朝礼ならやめちゃえば?

慣例的にずっと続いているだけの朝礼。みんなも無駄だと気付いているが、昔から続いているからやめられない、というものがあれば思い切ってやめてみてはいかがでしょうか。

「そんなことできるか!」

と怒られてしまいそうですが、なぜやめられないのか理由が答えられますか?昔からそういうものだ、続いている伝統をここで終わらせrわけには、という人もいることでしょう。

昔から続いているのならば、昔から無駄な時間を使ってきたということなのでしょう。続いている朝礼は無意味な伝統なのでしょう。

意味のない朝礼で社員も無駄を感じていれば、朝から朝礼をするだけでゲンナリしてしまうだけです。

無駄を改善する体質を目指そう

これは朝礼だけに限った話ではないのです。

昔から慣例的に行っている行為、これを改善していける体質を目指すべきなのです。

業務が他部署で重複しているとか、新しいシステムを導入したのに、古い仕事が慣例的に続いているとか、こうした無駄に気付きながらも声を上げられない、改善していけない、という体質では無駄がどんどんたまっていきます。

結局これでは仕事量だけが増えて、社員が疲弊してしまうんです。無駄なものは無駄だと言える環境、そして廃止するか継続するか、見直すかを考えられる職場にならねばなりません。

現状を見て、それに即した対応、体制の変化を行っていけるのかどうか、という組織力が問われます。

もう一度聞きます あなたの会社の朝礼は意味がありますか?

よーく考えてみてください。ここでは例として朝礼を挙げていますが、あなたの会社で行っている朝礼は意味がありますか?

朝礼には大切な意味がある、目的がある、という会社は問題ありません。みんなであいさつするだけとか、昔からやってるから、という理由では意味がない朝礼を言えます。

意味がない朝礼はこの際、廃止してしまってはいかがでしょうか。

どうしても朝礼を廃止したくない!という方。それでは朝礼に目的を持たせてあげてください。朝礼に目的を持たせることができれば、意味のある朝礼になりますから。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

とや@人財育成コンサルタント

仕事は上司と部下が存在します。その上司が機能していないと部下が生きません。「上司」としての立場にあるあなたは、本当に正しい上司たる姿で仕事をしていますか?

「デキる先輩・上司」になるにはこれをしろ!

デキない先輩/上司に囲まれて地獄を見た新人時代。そして今は中間管理職として当時を教訓にして職場環境の改善と育成に奔走している。上と下、それぞれから見た景色から、仕事とはどうあるべきか、仕事はどうすすめるべきか、を綴るマガジン。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。