浴びせられた心無い言葉を乗り越えるために


作家のエージェント、遠山怜です。今日はどんなクリエイターも遭遇する、自分の作品や活動に寄せられる「批評」ではなく「非難」をぶつけられたときの話。

何かを生み出し、人に見せて評価される行為には、必ず真っ当な批評や感想以外の心ない言葉や非難、ときにはクレーム、当て擦りが伴います。

自分にとって都合の良い感想ばかり得られるなんて、望むべくもないし、あり得ないことでしょう。多くの人に知られれば、多様な価値観や見方、異なる環境の人に届く訳ですから、好意的ではない感想や反応が得られる可能性の方が高い。

非難の中にも正しい指摘や慧眼な意見は隠れているもので、それは見失わないようにしたい。心ない言葉をときには受け入れることも、自分の成長のためだとも分かっている。

しかし、これまでの人生や見てきたもの、価値観をさらけ出して自分の時間も命も削って生み出したものを否定されることは、自分の存在自体も拒否されたように感じる。胸の奥の見えない場所に、透明な打撃を受けたような気すらする。透明な衝撃は目に見えないから、被害を受けたなどと言いにくい。それを吐露することも、気恥ずかしいことだと感じる人もいるだろう。

また、世の中には「僕(私)は何とも思わなかったよ。これぐらい普通でしょ」と自分の感覚を表明することで、「あなたもそのように感じるべきではない」と無意識的に人の感じ方を封じようとする人間もいるので、敏感な人間ほど気軽に口にはしない。

だから、多くの場合はこうした打撃に対する葬いは、一人で行われる。これはその、孤独な葬いのための漫画だ。

悲しみに目を背けず、目を閉じて深呼吸。

向こうからやってくる、目に見えない攻撃に怯まずに、前に進もう。何のことはない、これは次に進むためのうってつけのステージなのだ。悲劇から喜劇へ転換するための、舞台装置にすぎない。踏み越えた先には新しい幕が待っている。

私たちが何者なのか、彼らに教えてあげよう。この次の展開を見せてあげよう。

今はまだ途中だ。死という本当の終わりが来るまでは、すべてはまだ、まだ、まだ、途上なのだ。

ーーーーーーーーーーーー

もしこの記事をいいと思っていただけたら、ぜひ「好き」を押していただけると嬉しいです。シェアしてもらえると更に喜びます。

このアカウントでは、狂気のウサギが創作にまつわるノウハウやメンタリティなどを、漫画やエッセイ形式でまとめたものを公開しています。週1回〜2回を目安に更新予定です。ぜひフォローしてください。

ツイッターはこちら。









この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事は基本的に無料公開ですが、もし何か支援したいと思っていただけましたら、頂戴したお金は書籍購入か、進めている企画作業に当てさせて頂きます。

変わってるって、言われませんか?
137

lay toyama_遠山怜/ 作家のエージェント(兎)

出版プロデューサー/コンテンツ発掘人&自分もコンテンツ作る人。 前職は広告野郎。『上馬キリスト教会の世界一ゆるい聖書入門』6刷『ウケる人、スベる人の話し方』3刷。創作に関するノウハウやメンタリティを発信。創作する人を応援。noteマガジンpicker/企業ブランディング支援。

創作にまつわるノウハウ

創作にまつわるノウハウです。ライティングのスキルやメンタルの在り方、表現方法など多岐にわたるノウハウを書いています。
10つ のマガジンに含まれています

コメント1件

前向きさに勇気をもらいました、頑張ってください!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。