お盆、お中元のこと。

皆様御機嫌よう。

七夕も過ぎ、お中元やお盆の準備に忙しくしている方も沢山いるのではないでしょうか。

先日のお稽古では、七夕の武家と公家式の飾りをご紹介いたしました。

マンションでできる範囲ですので限界が御座いますが画像だけご紹介。

華やかなのは公家式です。

シンプルなのは武家式、小笠原流の七夕の床飾です。

さて、本日はお盆とお中元についてお話いたします。

そろそろお盆の準備をとお考えの方も多いのではないでしょうか。

関東は新暦にお盆の行事をすることが多いので暦通り7月15日、中元に行います。

まずはお盆について。

お盆は略語で正式名称は盂蘭盆(うらぼん)といい梵語で、逆さまにかかる苦を救うという意味です。

これは経典の盂蘭盆経の中に釈尊の弟子である目蓮尊者の亡母が餓鬼道に落ち逆さまに吊るされ、食べ物を口に運ぼうとすると目前で灰に変わるという苦しみにあっているという事を知った目蓮尊者は、どうしたら亡母を救う事ができるか釈尊に問うと、7月15日に修行が終わり集まる僧侶達をもてなし、その僧達の力を借り百味飲食(ひゃくみのおんじき「沢山の食べ物の意味」)と五菓(李・杏・棗・桃・栗)を備え供養することができれば救うことができると言われ行われたのが盂蘭盆会の始まり。

そして、中国では盂蘭盆会は仏教的行事から道教に取り入れられ三元の中元の日とされ、日本では道教の価値観は陰陽道に取り入れられた。

三元は、正月15日が上元、7月15日が中元、10月15日が下元としこの3日感は神霊が人間界に降りて罪や福を肯定するとされ、わが国でも僧侶や祖霊を供養する日となった。

このような歴史もあり、お盆にはご先祖への供物として分家から本家へと贈り物がされていたのがいつからか日頃お世話になっている方にも贈り物をするようになっていきました。

そして、御供えは食べ物ということもあり贈り物は食品類が一般的です。

宮中においても早くから行われいた行事で推古14年、606年に7月15日に法要が行われた記録が残されている。

武家においても源頼朝が1186年文治2年に法要を行っている。

さて、宮中では天皇が家臣が準備したお盆の御供えを、それぞれ紙と蓮の葉に包み紙の方を西に置き、蓮の方を東に置き、残りの供物は諸寺に下賜遊ばしたそうです。

この名残と昔は盂蘭盆会の御供えには一般的だったこともあり、現在でも御所ではお盆入りの7月13日に両陛下は蓮の飯をお召し上がり遊ばします。

中々ふさわしい写真がなかったのですがイメージとしては、もち米を蒸したものをトップの写真のような蓮の葉にのせ藁縄を奉書で巻いたものを蝶結びに結び、先に飾りとしてミソハギの花を挿します。

雫の位置にご飯がのります。

とても雅な御膳です。

私も今年はどうにか蓮の葉を入手し再現してみようと思います。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1

佐藤 ゆう(日本文化研究会豊穂会 主宰)

都内にて和の作法、着付け、言葉使い歳時記、神道の教室を主宰しております。 実家が社家ということもあり日本古来の文化や価値観を発信したいと思います。 会員制着物サロン 煌 代表取締役社長 豊穂会 主宰
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。