シンプル・アクアパッツァの作り方

イタリア生まれの魚料理、アクアパッツァ。 イタリア語で「狂った水」という意味のナポリ料理です。この料理、他のイタリア料理と同様に起源が不確かな料理です。漁師さんが海水を使って魚を煮込んだことに由来する、とよく説明されますが(塩水だと塩っぱすぎると思いますが)もともと「狂った水」というのはトスカーナでワインを地主に納めてしまった後、残った茎や種、絞りかすを水で延ばして発酵させた粗悪なワインを指す言葉だったそう。

アクアパッツァを成立させるのに必要な要素は魚と水。上記の由来を考えればワインは入れたいところですが、酸っぱくなりすぎることがあるので、今回は水だけでさっぱりと仕上げます。魚だけなら水でも充分おいしくつくれます。貝類を一緒に入れて煮込む場合には少量のワインを入れた方がおいしいです。

シンプル・アクアパッツァ(2人前〜4人前)
 魚の切り身   2〜4枚
 塩      切り身の重量の1.5%
 オリーブオイル  大さじ1
 水      150cc
 ミニトマト  1パック
 イタリアンパセリ 適量
 オリーブオイル  40cc

アクアパッツァには通常、ワインやケッパー、アサリ、オリーブなどが入りますが、今回のアクアパッツァはシンプルな仕立て。好みで上記の材料やドライトマトを入れてもおいしくできます。

まずは魚の下処理。写真はニベというスズキ目の魚。スーパーで安かったので使いましたが、白身系であればなんでもOKです。

重量の1.5%の塩を両面に振って冷蔵庫に30分間以上入れておきます。

寝かせた状態がこちら。

表面に出てきた水分をペーパーで拭き取ります。こうした下処理はイタリア人はまずしません。しかし、魚の臭みはてきめんに抜け、塩気が浸透するのでやっておきたい仕事。1.5%の塩は多いような気もしますが、塩分が煮汁に溶けるのでちょうどいい塩梅になります。

他の材料はミニトマト。本来はドライトマトを使いますが、ミニトマトを使うとフレッシュ感が出ます。

へたをとってまな板に並べ、タッパーなどでおさえます。

包丁を横にスライドさせ、半分に切ります。

こうすると一気に切ることができて作業が早いです。トマトを使う場合は種をとりのぞくことが多いですが、今回はこのまま使います。トマトは種の周りの部分に最も多くのグルタミン酸ナトリウムが含まれているからです。魚のイノシン酸ナトリウムとトマトのグルタミン酸ナトリウムが味の決め手です。

オリーブオイルを敷いたフライパンで魚を焼いていきます。

両面香ばしく焼きますが、ここは火を通すことが目的ではないので手早く行います。フライパンはガス火の形状から外側ほど温度が高いので、魚は外側に置くようにすると効率的です。

これが最大のコツですが、両面に焦げ目がついたら火から外し、必ず焼き油を拭き取っておきます。この油が入ると汁が生臭くなったりします。

水150ccを投入。

トマトも加えて強火で煮ていきます。

沸騰したら仕上げのエキストラバージンオリーブオイル40ccを投入します。

強火でガンガンに沸かしながら、スプーンで汁を魚にかけながら火を通していきます。沸かすことで対流が起き、オリーブオイルと魚とトマトの煮汁が混ざり合って乳化し、ソースになります。

煮汁がソース状になれば完成。オイルが乳化するためには30%以上の水分が必要なので、煮詰めすぎると分離するので注意が必要です。

一応、魚の中心温度を計ってみました。中心温度は70℃から80℃のあいだくらいにしたいところ。はじめの焼き色をつけるのに手間取るともう少し温度が高くなってしまいますが、まあ特に気にしなくてもいいかもしれません。

イタリアンパセリを振りかければ出来上がり。イタリアンパセリではなく、バジルでもOK。

アサリを入れると豪華になりますが、なくてもミニトマトの量が多いので結構いい味になります。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
228

料理の基本

基本的な料理を丁寧に解説します
4つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。