マンゴーのバジル風味、ギリシャヨーグルト添え

このあいだマンゴーの切り方を復習しましましたが、今回はその応用。

マンゴーは三枚におろします。こうやってみるときれいな形をしていますね。

前回はここから格子状に切り込みを入れましたが、今回はダイスにカットします。

そのためには上身と下身を三等分にカットします。

そこから包丁をまな板におしつけるようにして皮を剥きます。マンゴーは果肉がやわらかく、糖度も高いので、手で持って皮をむこうとすると滑ったりして一苦労。そこでこんな皮の剥き方をします。

すべて剥いたら角にカットします。この状態でヨーグルトなどのトッピングに使いますね。

今日はひねりを加えて、バジルを組み合わせることにしました。バジルの葉8〜10枚と砂糖小さじ1を石臼やすり鉢などですりつぶします。

砂糖が研磨剤になってすぐにペースト状になります。

オリーブオイル小さじ1で伸ばしました。

バジルペーストでマンゴーを和えます。

ギリシャヨーグルトを添えて出来上がりです。料理とデザートの中間のような皿です。こういう香りに個性のある料理はたくさんだと結構飽きるので、少量提供するのがポイント。これは砂糖を混ぜているのでデザートよりですが、マンゴーの甘さ+バジルの青臭さ+オリーブオイルの組み合わせは冷製パスタなどにも応用できます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
63

料理好きのための21世紀料理教室

低温調理、エスプーマをはじめアルギン酸のカプセルなどの分子料理のテクニックを解説していきます
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。