見出し画像

本日の賄いはステーキ丼

撮影で余ったステーキ肉があるので、ステーキ丼にします。ステーキ丼にはいろいろな作り方があって、ぶっちゃけどのレシピでもおいしくできるか、と思いますが、今回は僕流のステーキ丼をご紹介します。まずはタレから。

ステーキ丼のたれ(二皿分)
醤油    大さじ1
みりん   大さじ2
にんにくのすりおろし 少量
タバスコ  数滴

材料をまぜあわせるだけ、ですが。

にんにくの量は控えめに。あまり入れすぎるとくどくなります。

秘密兵器がタバスコです。豚の生姜焼きのレシピにも入れていますが、タバスコが入ることで味が締まります。

野菜は好みのものを使いますが、味の点からって必要なのは玉ねぎときのこです。きのこは旨味と香りで、玉ねぎは硫黄化合物によって、どちらも肉の味を引き立てる働きがあります。

1.5cmくらいのステーキ肉です。冷蔵庫から出してすぐに焼きたい場合は弱火にかけたテフロン加工のフライパンで焼き始めます。

冷蔵庫から出したての肉は特に表面が平でないことがおおいので、油を少量肉の下に入れて加熱していくことが大事。2分間、加熱し、裏返しました。

まだ焦げ目はついていません。反対側は1分30秒加熱。加熱時間が短いのはフライパンの表面温度が上がってきているからです。

裏返しました。火加減は弱火のままですが、フライパンの表面温度はかなり上がっているはずです。そうなったら肉を円を描くように雨後しながら加熱します。

すると焦げ目がつきやすくなります。フライパンの肉が載っている部分は温度が下がりますが、その他の部分の温度は高いからです。反対側も30秒、動かしながら焼きます。

2分間以上、休ませます。

休ませているあいだに野菜を炒めます。

野菜にいい感じに火が通ったら、肉を戻してタレをかけます。この時、肉は野菜の上において保護してあげます。

ジュワジュワしてきたら出来上がり。

ご飯の上にキャベツの千切り、炒めた野菜を載せて、切ったステーキを並べ、好みの量のたれをかけます。このたれがご飯に染み込んだところがおいしい。今回は余っていた長ネギがあったので、別にごま油で炒めて塩で軽く味付けしてから載せました。丼ものは上に載っているものが全部、醤油味という風になりがちなので、こんな風に塩味の炒め物や、漬物みたいなものを載せたほうがバランスがとれる、と思います。バターを入れてもおいしいですよ。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
165

樋口直哉(TravelingFoodLab.)

樋口直哉 作家・料理家 主な著作として小説『スープの国のお姫様』(小学館)ノンフィクション『おいしいものには理由がある』(角川書店)など。新刊『新しい料理の教科書』が1/17日に発売されました!

料理の基本

基本的な料理を丁寧に解説します
3つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。