スイカの食べるカクテル

今日はスイカの食べるカクテルの紹介。食べるカクテルとはなんぞや、という感じですが、パーティー料理の1つです。

作り方は簡単。スイカを用意します。今日は小玉すいかですが、身質が粗い安い大玉すいかのほうが早くつくれます。

漏斗を差し込んで、穴を開けます。

皮が飛び出てくるのが面白いです。

漏斗からウォッカを注ぎます。

はじめは溢れますが、2〜3時間経つと染みこみます。

そしたらまた注ぎます。これを繰り返し、好みの量までウォッカを注ぎます。冷蔵庫で三日間くらいかけてゆっくりと染みこませるのがコツです。

出来上がり。ウォッカのパンチが効いた食べるカクテル。パーティーに出すと盛り上がりますが、気がつかないうちに酔っ払う危険な食べ物でもあります。節度を持った大人だけが楽しめるデザートです。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
79

#フード 記事まとめ

レシピやグルメ情報、料理や食文化に関する考察など、食にまつわる記事をまとめていきます。
2つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。