見出し画像

牛蓮根の作り方

牛肉と蓮根を濃いめの醤油味で炊こうと思います。

こういった料理は分量があってないようなもの。牛肉は焼肉用のカルビを買いました。和風の料理にはやはりある程度、サシが入った肉があいます。

蓮根は7mm厚にカットし、半分に切ります。

一から炊くと時間がかかってしょうがないので、油で揚げるのが下処理のポイント。

牛肉は小麦粉をはたいてから……

さっと焼きます。牛肉は揚げてもいいです。

火が通った蓮根を合流させます。

醤油大さじ2、みりん大さじ2、砂糖こさじ1、酒大さじ2、水大さじ3を投入します。水の量は適当でも大丈夫。多かったら煮詰めればいいだけのことです。水ではなくて出汁を使ったほうが美味しいかもしれません。5:1:1のそばだしに砂糖を少し加えたものを使ってもいいでしょう。

煮詰めていってタレが絡まれば出来上がり。仕上げに山椒の佃煮を混ぜました。

このレシピはかなりの濃い味。ごはんにあわせるためのこっくり系の料理です。油で揚げる下処理は日本料理ではあまりしませんが(中国料理ではよくやりますけど)仕事が早いので効率的だと思います。こういう手早くできる料理をいくつか知っておくと役に立つでしょう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
94

樋口直哉(TravelingFoodLab.)

樋口直哉 作家・料理家 主な著作として小説『スープの国のお姫様』(小学館)ノンフィクション『おいしいものには理由がある』(角川書店)など。新刊『新しい料理の教科書』が1/17日に発売されました!

試したくなるお話

noteで見つけた、いろいろな方によるためになるお話や試したくなるお話などなど。 どちらかというと自分メモ。
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。