いちごとフレッシュチーズはおいしい組み合わせ

小粒ないちごが出回る時期になりました。

この時期のいちごは露地物で、酸味を生かして料理やジャムなどするのに適しています。いちごと相性がいいのはクリーム類。ホイップしたクリームを添えるだけでデザートになりますが、今日は料理に使います。いちごとチーズを使った前菜です。

『Foodpairling仮説』(同じ芳香化合物が含まれている食品同士は相性がいいという仮説)でもいちごとチーズの相性の良さは証明済み。いちごに最も多く含まれている香り成分はエステル化合物(酪酸エチル、酪酸メチルなど)で、チーズと共通しているからでしょう。ちなみにFoodpairling.comで調べてみると一番相性のいいチーズはグリエールチーズ、次にマイルドなブルーチーズ、エメンタールチーズ、グラノパダーノとなっています。

いちご1パックはだいたい280〜300g、洗い方はイチゴの洗い方と砂糖の力『イチゴのスープ』という過去記事を参照してください。へたをとって半分に切り、ボウルに移します。

いちごと相性のいいオリーブオイルを大さじ1。

ワインビネガーを小さじ1加えて、酸味で味を引き締めます。酸味はレモン汁でもいいですし、米酢でもかまいません。今回は赤ワインビネガーを使いましたが、フルーツビネガーもあいます。

あわせるチーズはフレッシュなもの。具体的には「リコッタチーズ」「モッツァレラチーズ」「フロマージュブラン」などです。モッツァレラが入手しやすいでしょうか。

今日はカルディコーヒーファームで購入した冷凍のブッラータチーズを使います。モッツァレラチーズのなかにクリームが入ったブッラータはDOP(原産地名称保護制度)を取得していないチーズなので、メーカーによって味や製法も様々。

こちらの商品は味はまあまあという印象ですが、国産のモッツァレラよりもずっとおいしいですし、安価なのが最大の魅力。買い置きができる冷凍という点も便利です。

お皿に盛り、オリーブオイルを適量ふりかけます。

そこにフルールドセル(粒の大きい塩であればなんでもOK)を少し。二本指で一つまみくらいです。

あとはさきほどマリネしたいちごを添えて、水菜を少し足しています。水菜ではなく、イタリアンパセリ、バジル、ミント、セルフィーユなどの香草でもいいですし、ルッコラでもOK。仕上げにバルサミコ酢を添えてもコクが加わります。簡単な料理ですが組み合わせの妙を感じてもらえるか、と思います。科学的な根拠はもちろんありませんが、フランスではいちごには惚れ薬の作用がある、という言い伝えがあります。ディナーの前菜にもいいかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
88

樋口直哉(TravelingFoodLab.)

樋口直哉 作家・料理家 主な著作として小説『スープの国のお姫様』(小学館)ノンフィクション『おいしいものには理由がある』(角川書店)など。新刊『新しい料理の教科書』が1/17日に発売されました!

料理の基本

基本的な料理を丁寧に解説します
2つ のマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。