カンタンで濃厚なレバーペーストの作り方

以前はたまにケータリングなどで料理をしていたのですが、そのときに定番でお出ししていたのがこのレバーペーストです。よく「作り方を教えてください」と言われるので、こちらで公開します。

鶏レバー 正味100g程度
牛乳   125cc
水    125cc
塩    10g
バター  65g〜70g
ブランデー おおさじ 1

昔は本当にいろいろなものを入れていたんですが、だんだんシンプルになってきて現在はこんな形に落ち着いています。これ以上ないくらい簡単な作り方です。

まずは鶏レバーから。スーパーや精肉店ではこんな風に心臓がついた状態で販売されていることが多いと思います。150g程度のレバーを買えば、心臓を抜いた正味で100g〜120gくらいです。細かい部分は気にしないでも大丈夫。

今回はたまたまですが、白レバーですね。白レバーは脂肪分の多いレバーで、雌鳥の肝臓です。肉にするのは雄鶏で、雌鳥は卵を産ませるので、その分、ちょっとだけ食用にする頭数が少ないので、昔は貴重と言われていました。今では結構見るようになってありがたみがなくなりましたが……。

下処理です。レバーペーストには心臓は使わないので、切り落とします。

肝臓は大きな塊と小さな塊のセットになっています。まずそれを分けます。

次に太い血管を目印にして半分にカットします。

血の塊が出てくるので指か包丁の先でかき出します。

次に牛乳、水、塩を混ぜた液体に30分漬けます。臭み消しと下味のためです。スペインにあるムガリッツというレストランのシェフ、アンドニ・ルイス・アドゥリスがフォアグラの下処理に牛乳1.2l、水1.2l、塩200gの液体に漬けて血抜きをしていました。これがすごく状態がいいので、鶏レバーで応用することにしました。

冷蔵庫で30分経ったらこんな状態。

表面の水気を拭っておきます。

アルコールにはブランデーを使います。レバーの臭みはアラキドン酸という物質が酸化することによって生じます。そのため、加熱はしすぎず、それも短時間で済ませるのがセオリー。中国料理では豚や鶏のレバーを高温の油に通しますが、油のなかであれば酸化は少ないわけで、理にかなっていると思います。さすが内臓類の調理に関しては中国料理に一目の長がありますね。

熱したフライパンでレバーを焼きます。火加減は中火です。

片面が香ばしく焼けたら裏返してブランデーを加えます。

火を止めて予熱で5分、火を通します。

レバーが温かい状態(50℃〜60℃くらいですが適当でもかまいません)でバターと一緒にフードプロセッサーにかけます。

胡椒を加えて、味見をします。基本的にはうっすらとした塩味がついていますが、好みで塩を足してください。もっと最終的な塩味はあとから載せたほうが安全だと思います。

フードプロセッサーがなければミキサーでも大丈夫。問題なくつくれます。

容器にうつしてラップをして冷蔵庫で3時間以上。バターが入っているので固まります。

出来上がり。バケットのスライスを添えて提供します。

オススメの付け合せはレーズン。レバーペーストにはちょっと甘みのある付け合せがあいます。ここでフルール・ド・セルのような粒子の大きい塩を振ってもいいか、と思います。フォアグラのパテにも負けない味です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
299

料理の基本

基本的な料理を丁寧に解説します
13つのマガジンに含まれています

コメント5件

こんばんは。
いつも読ませていただいております。

失礼ながら、一つ質問させていただいてもよろしいでしょうか?

ブランデーを使用する理由は香り付けが主ですか?
他にもブランデーに機能として要求されているものなどはあったりしますでしょうか。
またその場合、ブランデー以外のもので代用することは可能ですか?

質問ばかりですみません。
これからも更新を心待ちにしています。
ブランデーに限らず、アルコールを料理に加える目的は独特の風味をつけるためです。コニャックの風味とレバーの風味が合わさると非常に美味です。という風に考えると代用はない、ということになります。
しかし、ブランデーの香りがいらない、というのであれば日本酒で代用することも充分可能です。日本酒はプラスになるような香りはつけてくれませんが、レバー臭は抑えてくれます。日本酒でも味はたいして変わらん、という人もいるので、どちらでもお好みで。
あ、このレシピ。ミキサーもフードプロセッサーもない場合は作らないほうが賢明です。すり鉢とすりこぎで潰してから裏ごし器にかけたものに、やわらかくしたバターを練り込めばできますが、結構、大変なので。
返信ありがとうございます。
洋酒を入れられない理由がありましたので日本酒でも代用できると聞き安心致しました。
良いレバーが手に入り次第、早速作ってみようかと思います。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。