レンジを使って、パリパリバジル

『エビの春巻き、バジルソース』に使ったバジルは油で揚げました。エビを揚げる温度とバジルの適温は違うので、やや面倒です。

パリパリにしたバジルは他の料理にも使えますが、そのたびに油を用意するのも大変です。そこで今回はバジルのパリパリをつくる裏技をご紹介します。元ネタはネイサン・ミアボルト著『Modernist cuisine』から。

先に形のいいバジルの葉を選んでおきます。

皿にラップをかけます。このあと、電子レンジにかけるのですが、バジルを浮いた状態にすることでマイクロ波が全体に当たります。

オリーブオイルを刷毛か手で塗って、、、

バジルを載せて、バジルの上にもオイルを塗っておきます。600wの電子レンジで3分間〜4分間。様子を見ながらかけましょう。

水分が飛びました。

これでパリパリの状態です。イタリアンパセリなどの他のハーブでも同様にできます。レンジで調理できるのが便利ですね。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

撮影用の食材代として使わせていただきます。高い材料を使うレシピではないですが、サポートしていただけると助かります!

ありがとうございます。料理のリクエストがあればコメントに是非
120

料理好きのための21世紀料理教室

低温調理、エスプーマをはじめアルギン酸のカプセルなどの分子料理のテクニックを解説していきます
1つのマガジンに含まれています
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。