第10回『ふかぼり!宇宙兄弟~ムッちゃんの無精ひげ~』

こんにちは、樹咲(@RiyokoKisaki)です。

私は宇宙兄弟のキャラクター紹介を書かせていただいており、そのたびに『宇宙兄弟』を読み返しているのですが、突然

「そういえば主人公が無精ひげのキャラって珍しくない?」

と今更ながらに気付き、そうしたらムッちゃんの無精ひげが気になって気になって気になって仕方なくなってしまいました…!

ということで今回はそんなムッちゃんの無精ひげから色々と書いてみようと思います。

この文章に需要があるのか?
…はわかりませんが、もう気になったら書くしかない!(笑)

----------------------------------------------------------------------

描かれることがとても少ない主人公の“ひげ”

ムッちゃんのひげがないシーンといえば、宇宙飛行士採用試験の面接の時くらい。この時には髪型も(一応)まとめ、キレイめな印象で挑んでいます。

さて、漫画全巻ドットコムによるヒット作品と呼ばれる歴代発行部数ランキングを見てもその多くは「主人公は10代・20代の若者」であり「主人公にひげは生えて」いません。

少年ジャンプの強さはさすが王者の風格ですが、「三国志」や「バガボンド」は歴史ファンタジーですので“ヒゲ”を生やすこと・生やしていることの威厳であったり生やしているのが通常の状態で、現代とは意味合いや感覚が異なりますよね。
サラリーマンが主人公である「美味しんぼ」や「サラリーマン金太郎」も、主人公たちに普段無精ひげがありません。
ハードボイルド系に描かれている「ゴルゴ13」はスナイパーの“きっちり感”を感じますし、「北斗の拳」のケンシロウも実にスッキリしています。「CITY HUNTER」の冴羽獠にもひげは描かれません。
外国人主人公の「コブラ」でさえ、スッキリとしております。

主人公というのは読者に愛され、共感する存在でなくてはなりません。そうでなくては一緒に成長を喜んだり見守ったりできないですよね。更に主人公は自分を投影するものでもあり、理想の姿でもあるのだと思います。

私は編集者ではないのでこれは憶測でしかないのですが、上記を考えるとそこに絵柄的な“清潔感”というのも大切な主人公の条件になるのかな?と思いました。

もちろん、多くのヒット作品の主人公が少年少女であることは大きいと思いますが。

そんな中、ムッちゃんと同じく“無精ひげ”を持ちながら歴代TOP5入りを果たしている主人公がいます。

それが、「こちら葛飾区亀有公園前派出所」の両津勘吉です。

主人公の両さんは、色々なものにだらしない警察官。公務員なのにお金儲けのことばかり考えたり、サンダルを履いてだらしのない恰好をしていたりと、およそ“恰好のいい”主人公ではありません。
しかしその知識量は凄まじく、毎話数々のマニアックな出来事・物事をとんでもない熱量で語り、読者に親しまれ愛されるキャラクターです。

逆に「ひげがない状態」というのを見つける方が難しいくらい両さんの“無精ひげ”はトレードマークになっています。

“格好よく”“誰もが憧れる”スーパー男子ではなく、だらしない恰好をしたり情けない場面があったり、自分と同じ“等身大”だからこそ親しまれ愛され多くの人に届く作品になったのではないでしょうか。

----------------------------------------------------------------------

“無精ひげ”はムッちゃんのトレードマーク

『宇宙兄弟』の主人公である南波ムッタも、最初はとにかく“恰好よくない”“情けない”キャラクターでした。

弟であり、子どもの頃からの「宇宙飛行士」の夢を叶えたヒビトに置いて行かれ、会社もクビになり、情けなさMAXの状態で始まります。
掲載誌が青年誌ということもあるでしょうが、初めて読んだ時には「こ、この情けないキャラクターを主人公にしてしまうのか…!」と驚いたものでした。

でも、きっと多くの皆さんが感じたように、だからこそ“親しみ”を感じ”共感”したのではないでしょうか。

人生生きていると、何もかもが上手くいかない状態が訪れることがありますよね。
自分なりに頑張ってきたつもり、現実と折り合いをつけてきたつもり、諦めた“フリ”でやり過ごしてきたつもり。

納得いくまで頑張り切ったり、諦めた先の次の場所で自分の生き方を見つけられた・決められたのならそれはそれで良いことだと思います。

だけど、ムッタのように“比較対象”が常に傍におり、かつて同じ夢を追いかけていたのだとしたら…。その人が夢を実現しただけでなく、年上である自分よりもいつも“優秀”だったら――。
そして、何よりも自分自身が“本気で頑張ってこなかった”のだと自覚していたら…。

その悔しさ・想いに、私たちは感情移入してしまうことでしょう。

その“等身大”をより現すためにも、ムッちゃんの“無精ひげ”はキャラクター付けとしてとても重要な役割を担っているのではないか――そう思うのです。

今や“本当にカッコイイ男性”となったムッちゃん。

でも変わらずに”無精ひげ”があるからこそ、数えきれないほど多くの漫画作品がある中でキャラクターとしての“強いトレードマーク”となり、誰もがなれるわけではない“宇宙飛行士”になった後でもユニークなシーンはより一層ユニークに、“親しみ”や“等身大”を感じられるのかもしれませんね。

©小山宙哉/講談社
※本連載は『宇宙兄弟』原作画像の掲載許可を得ております。

----------------------------------------------------------------------

今回もご覧いただきありがとうございます!宇宙兄弟公式サイトではキャラクター紹介を担当中。全キャラクターを網羅する勢いで書いているキャラクター紹介、ぜひお楽しみください(^▽^)
『ふかぼり!宇宙兄弟』次回更新は12月15日(土)の予定です。

★「宇宙兄弟メシ」cakes様連載、電子書籍もよろしくお願いいたします★
宇宙兄弟メシ



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます。Twitterもよろしくお願いします!
4

樹咲リヨコ

ふかぼり!宇宙兄弟

読んでいていつも勇気や元気をもらう…そんな漫画『宇宙兄弟』の魅力を宇宙兄弟メシ担当がさらに深堀りして語ってしまおう!というマガジンです。年内いっぱい隔週土曜日更新とさせていただきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。