見出し画像

かんがえこと-15 12.16

12.10(月)

ふた駅歩く。

いよいよ寒くなってきて、去年までの冬をどうやって乗り切っていたのか、まったく思い出せない。


辞める、と言うタイミング、言い回しのようなことをそろそろ、かんがえはじめている。


12.11(火)

意識してマルチタスクをやめようと試みる。けれど意識するほどにむずかしく、いかに習慣化していたのかと気づく。あまり集中力はないぶん、いろんなことに気づいてしまうのは生来のもので。さらに意外と手を止めて ”待つ” 時間が長くはないけれど多いことに気づく。コピー機から用紙が排出される時間、PCがスリープ状態から立ち上がる時間。機械のことは待つけれど、人のことは、待てない。焦って、焦らされて、待たないのは人間。機械のほうが、よほどマイペースで、よほど余白があるじゃないか。


本にかかわる人たちはいい人ばかりと思うことが多かったけれど、私の人の見方がスクールカーストのまま更新されていなかっただけで。私だけがその感覚にとらわれたまま、そこにとりのこされたまま大人になっていて、あるいは大人にはなっていなくて、やつらは何もなかったように大人になっていってて。


用紙の排出を待つあいだに他のデータの作業を進・・・めない。

どこかの文房具サイトを開く。気になる万年筆。カヴェコのリリパット、レシーフのベビープレス、店で試したカヴァリエ、


12.12(水)

胃と腸が連携していない。食欲にまかせてたべても腸が受け入れを拒んでいる。1日3食をやめてみる。たべたいものを、たべたいときに少しずつ、たべる。

夜は寒かったのでみそ汁を作る。たくさんの野菜と即席の鶏だんご。いい味。すべてが良くなる。


12.13(木)

休み。恵比寿で電車を降り、美術館をめざして歩く。

大きな坂をのぼり、ガーデンプレイスを通り抜ける。人は少なく、街も空気もしんとしている。好きなところ、と思う。都会の、人がいないところ。田舎の、ひとが集まるところ。▢をつくるひとがつくる、〇いもの。

さらに坂を下って上って、庭園美術館へ歩を進める。

入口正面のベンチに腰かける。建物ぜんぶを視界に入れ、その静けさに、身を任せていた。

12.14(金)

帰り。コンビニできらきらしたデザートをながめながら「私はまちがっていない、」とつぶやいている。


12.15(土)

ふた駅歩く。東京の冬の空は、良い。このためだけに、私は歩ける。

ドトールに入る。本を読む。


もやもやして いらいらしたら いまだ、といいきかせる。おちそうだ、あかん、こわい、と、そのふちでびくびくしているより、いっそ いちど おちてしまえと。


12.16(日)

出かける服に着替え、ベッドに腰掛けたまま、どこへも動けずにいる。冷蔵庫のごぉごぉという音だけをきいている。ただ時間だけが、生きて通り過ぎていった。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

これからも、かんがえこと、ごいっしょに。
5

はやし

はやしです。日記は脳と心のトレーニング的に。こたえの出ないことばかりいつもかんがえています。こたえの出るクロスワードパズルもすきです。@akaifp

かんがえこと

「・・・無機質が交錯するそのすきまからそれを・・・バシッとこうなんか無機質でなんかドライな、記述にこそ感情が匂・・・」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。