シンガポールにスカイスキャナーとウーバーを使って行ってみる?

みなさん、スカイスキャナーウーバーはご存知ですか?
実は、スカイスキャナーとウーバーはそれぞれグローバルにサービス展開している便利なネットサービスなんです。

ウーバーは最近日本でもサービスをスタートさせていて、東京23区内周辺で利用できるようになっています。ウーバーを簡単に説明すると、タクシーよりもラグジーな雰囲気で誰もスマホから気軽に利用できる配車型のハイヤーサービスです。普通のタクシーと比べて何が良いかといいますと、スマホで配車と乗り心地のいい車とサービスが特徴だと思います。料金はタクシーより気持ちちょい高めです。サービスと利便性をお金で買ってる感じかな。

詳細はウーバーのホームページで確認できます。
https://www.uber.com/

スカイスキャナーは日本語にも対応している格安航空チケットを比較検索することができるサービスです。国内外のかなりの数(1,000社以上)の航空会社と旅行代理店を網羅して、比較検索ができるのでとても便利です。実は、いまエクスペディアよりも勢いのある企業かもしれません。さらに、スマホ専用のアプリもスカイスキャナーは出しているので、気になった時にいつでも、どこでも格安航空チケットを比較検索することができます。

詳細はスカイスキャナーのホームページで確認できます。
http://www.skyscanner.jp/

しかも、それが簡単に検索できてしまうので、何とも便利です。スカイスキャナーの良いところは、数多くの旅行代理店や航空会社から最安値のチケットやホテルを検索してくれているのに、検索結果の表示スピードが早いんです。これはエクスペディアを使って検索してるときと、スカイスキャナーを使って検索しているときの表示速度の違いがよくわかります。圧倒的にスカイスキャナーの方が早いです。

スカイスキャナーでシンガポールのホテルも検索してみるとこんな感じで、かなりの情報量と、お得なホテルが検索結果として表示されます。それぞれのホテルの説明、人気度、価格、評価、ホテルの星の数などから選べるのも好印象です。

試しに、マンダリン オーチャード ホテルを選択してみましたが、表示されていた、素泊まり4泊¥81,521からさらに値引きされて、予約できるようになっていました。お得な特典で、¥12,911も値引きされています。これは嬉しい。


スカイスキャナーの特徴は多くの航空会社や旅行代理店の情報から格安情報を網羅することなので、実際の予約先は、国内外の航空会社や旅行代理店になります。そのため、予約先によっては、日本語に対応していないサイトもあります。英語が苦手な方は、得意な人と一緒に予約するのもありですね。

シンガポール行きの航空チケット価格とホテルの雰囲気が分かったら、早速休みを作ってシンガポールに行ってみましょう。移動手段は、グローバルに展開しているウーバーを使い快適な移動をしましょう。ウーバーに登録すると、対応している国と地域で自由に利用することができるので、支払いも登録したクレジットカードで決済されることになります。明瞭会計なため、ぼったくられたり、慣れない通貨を使って支払う必要も一切ないんです。

ウーバーを利用したい都市名を入力すると、下記のようにでてきます。シンガポールはウーバーが利用できるので、料金や配車できる車の種類などの情報が確認できます。更に出発地から目的地までの料金概算も出せるようになっているため、とても便利です。予め、どのくらい費用が発生するのか把握できるのはユーザーにとって、旅行者にとって嬉しいですよね。知らない土地だからの安心感といったところでしょうか。


概算料金を見積もれるって、やっぱり安心感がありますね。あくまでも見積もり料金ですが、あとあと、こんなにかかったの?と驚かなくていいかんじです。

さらに、料金体系と選べる車種も分かりやすくなっています。シンガポールではUber XとUber BLACKの2つのサービス展開のようです。値段も日本とそこまで変わっていないので、違和感なく利用できそうです。

ということで、スカイスキャナーで格安航空チケットをゲットして、移動はウーバーで十分楽しめそうです。ホテルも検索できるスカイスキャナーは今後日本でも利用者が多くなりそうな予感です。もちろんウーバーの利用者も利用地域が広がるにつれて日本でも多くなるかもしれませんね。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

トリップ

もう一度見たいnoteの作品を勝手にまとめてみた

「スキ」を押した作品を中心に、個人的に気に入った他の方の作品を勝手にまとめさせて頂きました
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。