2019年 J1リーグ 第6節  北海道コンサドーレ札幌(H) vs 大分トリニータ(A)


・スタメンはこちら。

札幌の監督ペトロヴィッチ監督と広島時代に監督、コーチの関係だった片野坂監督が率いる大分との対戦は、互いに攻撃的なスタイルのチーム同士、今節注目度の高い一戦となった。

大分は開幕戦から怪我などで出遅れていた三平和司が今季初スタメン。今季高山の加入により出場機会を減らしていた星雄次も練習では好調を維持して今季初のスタメンを掴んだ。
前節に続き3-4-2-1のミラーゲームとなった今節、広島とは違い札幌は前から激しく奪いに来る攻撃的なチームで片野坂監督・コーチ陣はしっかり狙い所を決めていた。

・前半

大分はキックオフ直後から狙い通りの形を作った。岩田→小塚→ティティパン(相手を引きつけパス)→松本怜から裏へ抜け出した藤本へ。

このシーンで札幌DF福森・WB菅選手は大分のST小塚とWB松本怜のマークをしに前に出される。

福森・菅が前に出た事により、札幌の左サイドは背後にスペースが空く。このシーンで大分は先制とはならなかったが、この試合大分が狙っている形が見えたシーンとなった。

1分後スコアが動く、前半2分。右サイドに抜け出した小塚は中の状況を確認しながら相手の裏をかき、ファーサイドへとボールを送る。そこに星が駆け上がり体勢を崩しながら折り返すと、中で藤本憲明がワンタッチでゴールへ流し込み大分が先制点を奪う。

DF岩田智輝からのロングフィード、最高のフィードだったと思う。大分の戦術に岩田智輝は欠かせない、素晴らしい選手へと成長した。(泣)


大分はボランチの前田・ティティパンと小塚を中心にショートパスを回し、ボールを支配。札幌も同様にポゼッションを仕掛けるも、札幌はプレスを受けると後ろに下げてしまう場面が多く見られ、中々組み立てができなかった。

その中で前半26分に大分が追加点を奪う。大分は前半24分にGK高木からビルドアップを狙っており、札幌が前からプレスをかけて一度大分はボールを失う。しかしすぐに前田が奪い返し再び陣内からボールを回す。DF鈴木が小塚にパスを送ると小塚は右サイドの裏へ抜け出した松本怜へドンピシャのパス。松本怜が相手をスピードで置き去りにして昨シーズンよりお決まりの得点パターンである、松本怜からマイナスのクロスに藤本が走り込むとそれを守ろうとした宮澤のオウンゴールを誘い、大分が追加点。

この試合通して、札幌の左サイドを徹底的に狙っていた大分。このシーンでも大分WB松本怜が札幌の菅の背後をとりスピードで置き去り。

試合後松本怜は、マッチアップする菅選手は足が速くないと情報もあり、狙えるところは狙いたいと思っていた。練習からサイドを崩そうと取り組んでいたと振り返った。https://www.oita-trinita.co.jp/entertainment/fight/show/?sid=49987

小塚のパスは正確でお見事でした。しかしこのシーンで札幌の深井がもう少し厳しく来ていればあそこまでのボールが出せていたか?分からなかったと思う。札幌の守備の緩さに助かった。

39分には藤本の落としを小塚が持ち込んでのシュートチャンス。3点目かと思いきや、札幌のGKク・ソンユンもコースを上手く切りに行き、小塚が狙いすましたシュートはポストを叩いた。

札幌は、アンデルソン・ロペス、鈴木武蔵、チャナティップを中心にして攻め込むも、大分は距離感よく連係した守備で防ぎ2-0で前半を乗り切った。



・後半

札幌は、ボランチの荒野に代えキム・ミンテを投入し最終ラインへ置く。宮澤をボランチへ一列上げた。宮澤を軸にボールを動かしながら、札幌の両サイドが高い位置を取るようになり、大分は自陣深くへと押し込まれた。

59分、札幌は菅をベンチに下げ、ルーカス・フェルナンデスを入れて右WBへ。右WBでスタートした中野嘉大は左WBへとポジション変更。61分に大分は三平に代えてオナイウ阿道を投入したが、札幌の勢いは止められず69分、バイタルエリアでボールを動かされると大分守備が崩れ、左WBの中野のクロスに札幌FW鈴木が飛び込むところをクリアしようとしたDF鈴木義宜がオウンゴール。1点を返される。

失点シーンではSTのアンデルソン・ロペスの突破に鈴木が釣られてしまい、スペースが空く。左WBへとポジション変更していた中野が侵入、右WB松本怜の対応も遅くなり突破を許し失点へと繋がった。


71分に大分はティティパンに代えて丸谷を入れ中盤の守備を強化させる。プレスがかからない状態は変えられず、78分に藤本に代えて伊藤を投入。オナイウの1トップに伊藤・小塚のシャドーへと変更する。しかし、オナイウと伊藤のプレーからはどのようにやっていくのか?狙いが見えななかった。

札幌は追いつこうと、83分には中野に代えて白井。白井を右WBに、ルーカス・フェルナンデスを左WBに回した。ATの4分、札幌の攻撃に攻め込まれるも大分が最後まで集中してしのぎ、逃げ切った形で勝点3をつかんだ。

北の大地で躍動した大分が勝点を12まで伸ばすことに成功。ミッドウィークにはルヴァンカップのアウェイ神戸戦を挟んで、次節はホームで仙台戦となる。
 



片野坂監督は試合後、ハーフタイムでの指示により選手たちが守備の意識に傾いてしまったとコメント。https://www.oita-trinita.co.jp/entertainment/report/show/?sid=49973 

MF小塚も「押し込まれたときにボールを保持して自分たちの時間にすることが必要」とコメント。

後半の試合運びには課題が残った試合だが、今節は三平が復帰・星がアシストでアピールするなど収穫もあった試合となった。

ティティパンVSチャナティップ→タイ対決。
福森直也VS福森晃斗→福森対決。
片野坂知宏VSペトロヴィッチ→師弟対決。などなど何かと因縁の一戦を見事に勝利した。 










この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3

とり

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。