早めに独立してよかったなって思った理由。

今朝は病院に来ている。

どうも、昨年くらいから体調が芳しくない。
いまはたぶん人生の中で一番健康な気がするし、不要なストレスもなく過ごせているはずなんだけど。

ちょっと油断すると不調の波に足を突っ込んでしまう、そんな感じがある。
だから、芳しくないというか、微妙に免疫力が下がっているというか、そういう言い方のほうが合っているのかもしれない。

例えば、睡眠不足とか、肉体疲労とか、仕事が立て込んだりとか、寒さとか、昔はそういうのに負けなかったし、一日寝てたら治ったのだけどこの頃はそうもいかない。

毎日体調に気をつけて暮らしていないといけない。

言葉にすると当たり前のことで、よく言われることなんだけど、これが「無理がきかなくなる」ってことなんだなぁ、ってしみじみと思う。。

だから、病院って今まではあまりいかなかったけど、最近はすぐ行くようになった。
不調になってからだと、治るのに時間がかかるし、何より身体がうまく動かなくて、気持ちが上がりにくい。

いまそうなって思うことは、「早めに開業してよかった」ってことだ。

あの頃は、実感としてはそう思ってなくて、「そう言われることが多いから、きっとその方が良いんだろう」くらいに思ってた。

でも、いま、あの頃にやっていたくらいの時間店に立って、あの頃の作業量で、あの頃のように..... って考えたら、無理だな。ってなる。

こないだ、相方の隊長にもそういう話をしたら「自分も無理だな〜〜」って言ってて、そうだよねえ、ってなって、やっぱりあの頃に独立してよかったねっていう結論になった。

長くお店をやっていれば、作業量の波をコントロールできるようになって、「あー、ちょっと調子が良くないな」っていうときに「明日の朝病院寄ってくるから、遅くなってもいいように朝の作業を減らしておこう」っていうのができる。それが無理なくスムーズにできる。

前よりメニューが増えたし、やる作業の種類も量も増えているけど、習熟度は上がっているし、対応力も上がっている。
単純にこなせる作業量が増えているし。

お互いの、お互いに対する理解力も上がっているし、融通しあう空気もできている。
そういうことって小さなことだけど、すごく大事っていうか、何かの時にかなり助けられるポイントなんである。

そうして、先週も先月も病院にいって、早めに薬をもらってきて、何事もなく過ごしているこの頃なんだけど、
この冬はとてつもなく寒くて、ほんとに油断できない。隊長は足の指がしもやけになったし。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

shokudo_troquet

お店のこと

飲食店を続けていくのに必要なこと、事業計画や、手続きや、お金のこと、経営のこと、実務で大事なこと、感覚的なこと、その日に思ったあれこれ書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。