お店をつづけていくためのこと。

ものごとにはちょうどいい量ってものがあって、それを守ってればいいのだけど、
「もっとやりたい」「もっと食べたい」「もっと飲みたい」「もっと得したい」「もっともっと」ってなってしまうことのほうが世の中多い。

体は満足してるけど、脳が満足しない。

財布は満足してるけど、脳が満足しない。

行動は充分だけど、脳が満足しない。

そういうものなんだ。

そして、他人のことについては「あの人やりすぎだよ」ってわかるくせに、自分についてはわからない。
そりゃーそうだ、自分にストップかけられないんだから。

「止められない理由」を脳は創り出す。

そういうものなんだ。

自分で自分を客観的にみることができて、
無意識の範疇をふくめ、自分の行動を律することができる、

そうだったらいいなと思う。

でもまぁ現実そうはいかない(ことが多い)し、そういかないからこそ発生する無駄ってものが味を生む、風合いを醸し出す、のかもしれない。

無駄だとわかってるけど、やりたいことってあるし、無駄のないやり方を知ってるけど、それはやりたくない、っていうこともある。

やりたい、やりたくない、こうしたい、こうしたくない、それは個人の価値観や趣向の問題で、自分しか変えられないことだ。

自分しか変えられないこと。

さて.....

この続きをみるには

この続き:1,261文字

お店をつづけていくためのこと。

shokudo_troquet

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

shokudo_troquet

お店のこと

飲食店を続けていくのに必要なこと、事業計画や、手続きや、お金のこと、経営のこと、実務で大事なこと、感覚的なこと、その日に思ったあれこれ書いていきます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。