乳首

私の乳首がピンクだったころ
男は私を離さなかった

私の乳首が黒ずんでいくころ
赤子は私のおっぱいから泣いて離れなかった

私の乳首に誰も興味を持たなくなったころ
孫が生まれた

孫の乳首を自由に見れなくなったころ
私は皆に看取られて旅立った

#ポエム
#poem
#詩
#短編小説
#ショートストーリー
#コラム
#小説


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

7

大陸棚 深海

海 -tsunagari-

noteを航海し、出会った素敵な記事を集めています♪
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。