_photo_AC_パニックになる女性

㉑/24【重要な存在であってはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~

【説明】
《重要な存在であってはいけない》のビリーフを持つ方は、「自分には価値がない」という感覚を持ち、自分に自信がなく、劣等感が強く、上司やリーダーなどの責任ある立場を任されると緊張して本来の力を発揮できません。一方で、「自分には価値がない」という感覚に反抗し、偉大で重要な人物として人から認められるための過剰な努力をしたり、過剰な競争心を燃やして勝ち負けにこだわり、自分が重要な人物であることを証明しようと躍起になる方も多いです。
こうなってしまうと、周囲から見てどれほどの成功者であっても、本人の心が満たされることはありません。
「私はダメだ」、「オレってすごいだろ」を、一人で両方でる人もいらっしゃいます。
 
 
【悩みの例】
・「自分には価値がない」と感じる
・自信がない
・劣等感が強い
・すぐに「自分はダメ」と落ち込む
・上司やリーダー等、責任ある立場を任されると緊張して本来の力を発揮できない
・人前で緊張する
・失敗を過剰に恐れる
・人からの評価、人からどう思われるかが気になる・・・自分に価値がなく感じているから人から評価を欲しがる・・・(自分の価値を人に決められる事がそもそもおかしい!)
・人の意見に流される。言いたいことが言えない
・すぐに「自分はできない」と思ってしまう
・人からほめられても素直に受け取れない
・自分のことが好きになれない
・自分のためにお金を使えない
・プライドが異常に高い(心の声に反抗。自信のなさに反発)
・自分のすごさを人にアピールしたくなる(心の声に反抗。自信のなさに反発)
・自分を他人と比較して、過剰に勝ち負けにこだわる・・・人との比較(人を下にみること)で価値を見出そうとする←人の悪口を言うことや、人を低くみることで自分を高くみせようとすることも。
・人からの批判、叱責に対して過剰反応する(不機嫌になる、落ち込む、攻撃で返す(キレる))
・「ありがとう」「ごめんなさい」が言えない・・・人に頭を下げると負けた気がするから謝りたくない
・自己重要感がないと、パワハラ ・ DV に遭いやすいし(オドオドする)、逆に、パワハラ ・ DV をしやすい(キレる)
  
 
【原因となる体験】
抑圧的で厳しい親から「お前はダメだ」「お前は大したことはできない」「子どもは黙っていなさい」等と言われ続けたり、無視をされたり、馬鹿にされたりすると、子どもは《重要であってはいけない》のビリーフをつくる可能性があります。
現在でも、長男と他の子どもとの間に差をつけたり、男の子を女の子よりも優遇する地方や家庭が存在しますが、
そのような場合にも、長男や男の子以外の子どもに、《重要であってはいけない》のビリーフが刷り込まれることもあります。
 


【続きは下記のブログのリンクへ】

㉑/24【重要な存在であってはいけない】のビリーフ ~悩みの原因となる24のビリーフ~


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
旅好き。ねこ好き。ラピュタ好き。阿蘇を愛し阿蘇に愛される。 本当の"自信"を取り戻す心理カウンセラー/心理セラピスト。 "絶対に"心のブレーキを外す心理セッション《トゥルーステップ》は全国対応。心理療法のビリーフチェンジは福岡・熊本の両方にて提供中。熊本唯一のビリーフを変える男。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。