新マガジントップ画像3

3-3.テンポとベクトル、フレーズ2

前回の「テンポとベクトル、フレーズ1」に続いて、フレーズに関するお話を中心に書いてまいります。


フレーズの「頂点」?

フレーズの話題には必ず「フレーズの頂点」という言葉を合わせて耳にします。フレーズには頂点があってそこに向かっていく。確かにこれは間違った解釈ではありませんが、ただ、私はどうしてもこの「頂点」という言葉がひっかかります。

「頂点」は山の頂のようなイメージを持ちがちで、どうしても「楽譜上の高い位置に書いてある音」ようするに高音域にフレーズの頂点があるものだと思い込みがちです。しかし、音の高低とフレーズは直接関連性はありません。ですから私の場合は(若干言葉遊び的なところもありますが)、「頂点」と呼ばずに「力が集まっていくところ」「メロディが持っている力のピーク」と呼ぶことが多いです(「ピーク」も日本語にすれば結局頂点なのですが、「力のピーク」という表現で音の高さを意識しなくなるよう心がけています)。

この続きをみるには

この続き:6,935文字/画像11枚

3-3.テンポとベクトル、フレーズ2

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

200円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ラッパの吹き方Ver.2.0をご覧いただきありがとうございます。 いただいたサポートは、記事のご購入額と合わせ、出版資金に充てさせていただきます。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします!

今後ともよろしくお願いいたします!
2

ラッパの吹き方 Ver.2.0/荻原明(おぎわらあきら)

トランペットを吹く人、教える人、荻原明による「技術本(2019年1月公開開始)」「ハイノート本(全記事掲載完了)」の記事です。技術本では様々な演奏テクニック習得と練習とは何か考えます。 荻原明オフォシャルサイト→ https://www.trumpet-ogiwara.com

テクニック本【第3章】

技術本の「第3章 —音階と拍子—」のマガジンです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。